内部監査の種類(組織・企業の種類による違い)

おもに上場企業で行われる内部監査

内部監査とは、企業など組織の内部の人間によって行われる監査のことをいいます。

内部監査の大きな目的のひとつは、不正や不祥事など企業の抱えるリスクや問題点を早期に発見し、企業が健全な経営を続けられるようにサポートすることです。

また、従業員の士気を高めるようなことも、内部監査の目的に含まれます。

内部監査は、上場企業や株式公開準備企業で行うことが求められています。

とくに組織の大きな企業では、経営者が社内の隅々まで目を届かせることは難しく、見えないところで問題の種が出てきてしまいやすくなります。

こうしたリスクを未然に防ぐために内部監査は行われており、大きな会社では独立した内部監査部門を設置し、複数の内部監査担当者が分業をして監査業務にあたっていることが多いです。

内部監査人になる人は?

内部監査を担当する人は、一般に「内部監査人」と呼ばれます。

企業における内部監査人は経営者などの指名によって決まりますが、内部監査の成功のためには、どのような人がその仕事に携わるかが重要なポイントとなります。

内部監査は、どのような企業においても、あくまでも「第三者」としての独立した立場に立つことが求められます。

そのため、特定の部門での権限を持っておらず、組織的にも精神的にも客観性を保てる人材が選ばれることが多いです。

外部の監査も重要になる

内部監査は企業に不可欠なものとなりますが、加えて、公認会計士などの専門家によって行われる「外部監査」も重要です。

外部監査は細かく、公認会計士が行う「会計監査」と、監査法人や監査役が行う「監査役監査」の2種類に分けられます。

外部監査は、会社の事情をよく知らない外部の人間が行うため、より客観的な評価がしやすいというメリットがあります。

強固なマネジメントシステムを確立するために、内部と外部の両方から念入りに監査を行っていく、「三様監査」を行っている企業も増えているようです。