看護師からMRになれる?

MRは未経験者でも転職できる

MRという職種は、なるために国家資格が必要とされたり、特定の学校の勉強が必要なわけではありません。

どのような人でも、製薬会社のMR職に応募し、採用されることで、MRになることが可能です。

たいていの製薬会社では、入社後に研修を実施しているため、まったく専門知識やスキルがない人でもMRとして働き始めることが可能です。

中途採用の場合は営業職経験があることが応募資格に掲げられる場合もありますが、さまざまな経歴の人がMRになり、活躍しています。

看護師からの転職は有利?

看護師とMRは、両方とも医療業界に関わる仕事という共通点があります。

ただし、看護師免許を持っているからといって、MRになる際に特別優遇されるとは限りません。

たしかに、看護師は病院など医療機関の内情や仕事内容をよく理解していたり、医薬品の知識をある程度持っているため、その点ではMRとして働くうえでも役に立つかもしれません。

しかし、MRは自社の医薬品情報について豊富な知識を持ち、医療機関で働く医師や看護師にその情報を提供するプロフェッショナルとして活躍する仕事です。

直接、患者さんと触れ合い、ケアをする看護師とは役割が大きく異なるため、看護師として培った知識やスキルそのものをすべて生かせるわけではありません。

製薬会社によっては、医療業界での経験者であることをプラスに評価することもありますが、それだけでMRになれるわけではないと考えておいたほうがよいでしょう。

営業力や対人関係を構築するスキルが重要

MRとして最も求められるのは、いかに医師のニーズを探り出し、いかに医薬品の情報を正しく伝えていけるかといった点にあります。

医師との関係構築を図りながら、自社の医薬品を取り扱ってもらい、売上アップにつなげる必要があります。

どちらかというと営業力が問われる仕事であるため、他人と関係を上手に構築できる人や、コミュニケーション能力が高い人が活躍しやすいです。

看護師も多くの患者さんと接する仕事であるだけに、そこで培った「人と上手に接する力」は、MRになってからも発揮できるかもしれません。