モデルの働き方の種類・雇用形態

モデルの雇用形態

事務所やエージェンシーに所属する

モデルとして仕事をする場合、一般的にはモデル事務所やエージェンシーに登録をし、そこを経由して仕事をもらう形になります。

事務所に所属すると、モデルとして働きたい人にとっては、自分で仕事を探してこなくてもよい、報酬の交渉や計算等の事務作業を事務所がしてくれる、クライアントとのトラブルがあったときに解決しやすいことなどのメリットがあります。

ただし、この形は会社に雇用される会社員ではなく、あくまでも「個人事業主」という形になります。

事務所のサポートを受けながらも、個人でどのように生きていきたいかをよく考える必要があるといえるでしょう。

また、事務所に所属しているだけで固定給の月給がもらえたり、生活が保障されていたりすることはないため注意が必要です。

フリーランスのモデル

なかには、事務所やエージェンシーに所属せずフリーランスのモデルとして働く人もいます。

フリーランスのモデルとして働くためには、実力や経験が必要なため、まずは事務所に所属するなどしてモデルとして評価を受け、その後独立する流れが一般的です。

フリーランスのモデルとして働く場合は、自分でオーディションを受け仕事を勝ち取ってこなくてはならないため大変な部分はありますが、仕事を自由に選べたり、事務所に縛られずにさまざまな活動をしたりすることができます。

副業のモデル

副業でもモデルはできる?

モデルは専業とする人がいる一方、なかには副業のモデルとして活動している人もいます。

とくに多いものは、平日は別な仕事をし、休日である週末を使ってモデル活動をする人で、いわゆる「読者モデル」として働く人です。

副業モデルの収入

副業のモデルとして活動している人の収入は、数千円から数万円程度のほんのお小遣い程度のこともあれば、人気が出た場合は専業と同じ程度もしくはそれ以上になることもあるようです。

モデルは、専業であれ副業であれ、その人の実力や人気度、経験などによって報酬の額に大きな差があり、仕事の規模や難易度によっても変わってきます。

一般的には、副業のモデルは、本業のプロモデルが携わるショーモデルのような難易度の高い仕事をすることはめったになく、副業のモデルで大きく稼げるのは、ほんの一部の人だけといえるでしょう。

読者モデルや手や脚だけのパーツモデルなど、副業でも比較的やりやすいモデル活動の場合、一回の謝礼金は5千円から一万円程度ということも珍しくないようです。

副業モデルをする上で気を付けておきたいこと

モデルは副業で活動することもできますが、気を付けておきたいのは、本業の勤務先が「副業禁止」になっていないかという点です。

企業などによっては、就業規則で副業を禁止している場合があり、公務員も副業は基本的に禁止となっています。

万が一勝手に副業をしてそれが勤務先に知れ渡ってしまった場合、何らかのペナルティが課せられる可能性があるため、もし副業としてモデルを考えるのであれば、事前に副業をすることで本業に支障がないかよく確認しておいたほうがよいでしょう。