気象予報士の就職先の種類・活躍の場

気象予報士の勤務先・働き方の種類

マスメディアで働く気象予報士

気象予報士と聞くと、テレビやラジオに出演しているお天気キャスターをイメージする人も多いでしょう。

お天気キャスターは、気象予報士やタレントが所属する事務所に入り、放送局に派遣される形で仕事をするのが一般的です。

テレビ出演で人気が出れば、天気にまつわる本を出版したり講演会を開いたりと活動の場が広がることもありますが、こうしたケースは非常にまれです。

お天気キャスターは気象予報士の資格を持っていなくてもできますし、気象予報士の資格取得後にメディア関係の仕事に就く人は全体の10%前後しかいないといわれています。

資格取得者の多くは、公的な機関や民間企業などで専門知識と実務的な技術を生かして働いています。

公的機関で働く気象予報士

公的機関の代表的な職場としてあげられるのは、気象庁です。

気象庁の職員になる上で気象予報士の資格を持っている必要はありませんが、「気象に関係する仕事に就きたい」「資格を生かして働きたい」という思いから資格取得後に気象庁への入庁をめざす人が数多くいます。

また、自衛隊に入隊する人もいます。

自衛隊の活動には気象情報の把握が欠かせないので、気象を分析する専門家である予報官は重要な任務を担っています。

気象庁や自衛隊で働くことは、気象に関する知識を確実に仕事に生かせるだけでなく、安定した生活を手に入れられることも大きなメリットといえるでしょう。

なお公務員として働く場合は、公務員試験を受験し合格しなくてはならないため狭き門となっています。

気象予報士の仕事内容

民間企業で働く気象予報士

民間の気象会社で働く

民間の気象会社で活躍している人もいます。

民間の気象会社には多数の気象予報士が所属し、さまざまな地域の気象予測を高い精度で行っています。

ここで得られた情報はメディアを通じて一般に供給されるほか、他の民間企業と提携し、商品開発やリスクマネージメントなどにも役立てられます。

ビールなどのアルコール類・清涼飲料水のメーカーは売り上げが大きく気象に左右されるため、今年の夏は例年と比較してどの地域がどのくらい暑くなるのか、あるいは冷夏になるのかを知っておけば、地域ごとに供給するビールの本数を調整できます。

民間の気象会社は近年とくに急成長を遂げており、天候に関するアプリを開発したり、ごく狭い地域で精度の高い予測したりするなどこれまでにないサービスを展開しているため、この分野には大きな注目が集まっています。

一般企業で働く

民間企業に就職し、商社やシンクタンクなどで専門知識を生かして活躍するという道もあります。

最も分かりやすいのが農産物の生産でしょう。

農産物は天候に大きく左右されますので、穀物や飼料作物などを取り扱う商社などにとって気象情報は非常に重要です。

気象予報士は「今年のこの地区の降水量は少なくなる」「この夏は日照時間が例年より短い」などの気象予測をすることで、投資のリスクを軽減することに貢献しています。

航空業界で働く気象予報士

航空業界では、気象の予測は非常に重要で「気象予報士」という名前ではありませんが、気象予報士の資格を取得し働いている人が多くいます。

たとえば航空管制官は、航空機の離着陸を管理する重要な仕事で、気象に関する知識があれば天候を読み適切な離着陸をさせることができます。

またディスパッチャーと呼ばれる運行管理者も気象予報士の資格を持っている人が多く働いています。

「地上のパイロット」とも呼ばれるように、フライトごとに飛行機が安全に運航できるよう計画をたてる仕事で、これを行うためには気象の知識が求められます。