建設機械施工技士の資格

建設機械施工技士の資格の概要

建設機械施工技士の資格は、国土交通省が管轄する「施工管理技士」といわれる国家資格のうちの一種です。

この資格制度は施工管理試験のなかでは最も早くにスタートしたものであり、建設機械オペレーターの監督や技術的な指導、施工管理などを行うことができます。

建設機械施工技士の資格は、「1級」と「2級」の2つの区分に分かれており、それぞれに受験資格が設けられています。

受験資格は学歴によって異なりますが、いずれにしても実務経験が求められます。

そのため、建設業などで建設機械の運転あるいは運転助手として施工に従事してきた人や、現場監督技術者としての経験がある人などが、さらなるステップアップのために建設機械施工技士の取得を目指すのが一般的な流れです。

受験資格について

建設機械施工技士の実務経験の必要年数は、学歴によって異なります。

また、1級は専任の主任技術者としての経験の有無や、指導監督的実務経験の有無などでも、試験を受けるための実務経験の必要年数が変わってきます。

受験資格についての詳細は、下記のページよりご確認ください。

一般社団法人 日本建設機械施工協会

1級と2級について

建設機械施工技士は、1級と2級で携わることができる業務範囲が異なります。

1級は、各種建設機械を用いた施工の指導監督業務のほか、監理技術者と主任技術者になることができます。

2級は第1種から第6種の6種類に分かれており、それぞれの機械を用いた施工において指導監督業務に携われるほか、一般建設業の現場の主任技術者として施工管理を行うことができます。

2級試験の区分

・第1種(ブルドーザー)
・第2種(油圧ショベル)
・第3種(モータ・グレーダ)
・第4種(ロード・ローダ)
・第5種(アスファルト・フィニッシャ)
・第6種(アースオーガ)

2級よりも1級を取得したほうが仕事の範囲は広がり、その分だけ評価も高くなっています。

ただし、実務経験も1級のほうがより多く求められてくるため、まずは2級を取得して経験を積み重ね、その後1級へとチャレンジする人も多くいます。