健康運動実践指導者の求人、募集の状況

求人を出している場所は?

健康運動実践指導者の求人がよく見られるのは、アスレチッククラブや病院(整形外科など)、老人介護施設などです。

これらの施設において、生活習慣病予防のための健康運動メニューの実践指導や、利用者の心身の状態に応じた運動プログラムの実践指導をすることが、おもな仕事内容です。

健康運動実践指導者の求人募集の情報は、一般の求人サイトや求人誌、施設のホームページ等に出されることが多く、そのほか「NPO法人 日本健康運動指導士会」の各都道府県支部のホームページにも求人情報が載ることがあります。

応募資格までよく確認を

求人の記事を探す際に気を付けておきたいのは、必ずしも「健康運動実践指導者」という名称で募集されるわけではないことです。

たとえば病院であれば、「リハビリ助手」といった名称で募集され、募集資格として「健康運動実践指導者の資格所有者」となっている例もあります。

スポーツ関連施設では、「フィットネスインストラクター」といった名称がついていることもあります。

スポーツインストラクターの仕事

応募資格などまでよく確認するとよいでしょう。

最近では有資格者を求める場が増えているようですが、年齢はさほど問われません。

正社員以外の募集も多い

健康運動実践指導者は、正社員としてだけではなく、パートとして働く人も多くいます。

パートは時給で給料をもらうことになりますが、フルタイムで働くのが難しい人や、いくつかの職場を掛け持ちして経験を積みたい人などは、パートで働くのもよいでしょう。

また、フリーランスの人が業務委託で働けるところもあります。

NPOでの募集も

一般の企業のほか、地域住民のための健康推進活動や、高齢者向けに介護予防運動を行うNPO法人などの団体でも、健康運動実践指導者が求められています。

資格、経験、能力によって待遇や給与は変わってきますが、じつに幅広い場所で健康運動実践指導者は活躍できるといえるでしょう。