健康運動実践指導者の資格

資格の認定試験を受けるための条件

健康運動実践指導者として働くには、「公益財団法人 健康・体力づくり事業財団」が認定する健康運動実践指導者の認定試験を受けて合格する必要があります。

この試験には受験資格が設けられており、受験資格を得る方法は、以下の2通りが挙げられます。

1. 健康運動実践指導者養成校で学ぶ
2. 「健康運動実践指導者養成講習会」を受講する

上記の1にある「健康運動実践指導者養成校」は、2016年2月現在、172校の大学および専修学校が認定されています。

そして、2の「健康運動実践指導者養成講習会」は誰でも受講できるわけではなく、以下の5つの条件のうちいずれかを満たしている人が受講可能なものとなっています。

1. 体育系短期大学または体育専修学校(2年制)もしくはこれと同等以上の学校を卒業した人
2. 3年以上運動指導に従事した経験のある人
3. 運動指導に関連する資格(フィットネストレーナー、アスレティックトレーナーなど)を持つ人
4. 保健医療に関する資格(保健師管理栄養士看護師柔道整復師など)を持つ人
5. 学校教育に関する資格(幼稚園教諭、小・中・高等学校教員免許など)を持つ人

認定試験合格まで

健康運動実践指導者養成校の課程を修了すると、認定試験を受けることができ、合格後に登録が可能となります。

認定試験は、実技評価試験および筆記試験で構成されています。

一方、健康運動実践指導者養成講習会の課程を修了すると、指導実技試験と講習会のカリキュラムの内容に沿った認定試験が行われ、この両方に合格することで、健康運動実践指導者の登録資格が与えられます。

5年ごとの更新が必要

健康運動実践指導者の資格は、5年ごとの登録更新が必要なものとなっています。

更新の際には、健康・体力づくり事業財団が定める認定講習会を受講し、所定の単位を取得しなくてはなりません。

また、更新には手数料などの費用もかかります。