建築士の勤務先と仕事内容の違い

建築士の勤務先の種類

建築士の勤務先として代表的なのは、建築設計事務所、建設会社、ハウスメーカーなどの建築系企業です。

また、インテリア関係のデザイン事務所や、流通小売企業や外食企業の店舗企画部、家具メーカーなど、空間デザインを手掛ける企業およびその部署も、有力な選択肢として挙げられます。

加えて、地方自治体に公務員として就職し、都市開発部門や建築部門などで、公共建築物の設計や管理を手掛ける人もいます。

さらに、建築士としてある程度の実績と経験、人脈を築いた後には、独立して自分の事務所を開業することも可能です。

ここでは、建築士の主だった勤務先別に、それぞれの仕事内容や待遇面についての特徴をご紹介します。

建築士の仕事内容

建築設計事務所で働く建築士

建築設計事務所は、企業規模としては比較的小さなところが多く、それぞれの事務所ごとに、取り扱う建物の種類や得意分野がある程度定まっていることが特徴です。

事務所の代表建築士が、建物に対して何らかのポリシーを抱いて経営しているケースもよく見られますので、就職先を選ぶうえでは、事業理念に共感できるかどうかが重要なポイントになるかもしれません。

大手設計事務所では、デザイン担当、構造担当、設備担当といった具合に、建築士ごとに設計分野が分かれていることが一般的ですが、小規模な事務所では、一人で設計全般を手掛けることもあります。

給与についてはそれほど高くないケースが目立ちますが、将来的に独立を考えている人にとっては、代表者の働き方を間近に見ることで、ほかの職場では得難い貴重な経験を積むことができるでしょう。

なお、大手の事務所などでは、採用を大学院卒に限定しているケースもありますので、募集条件については注意する必要があります。

建設会社で働く建築士

建設会社は、建物の設計だけでなく、建設計画や基礎工事・土木工事・建築工事まで一括で引き受けることが特徴で、建設会社勤務の設計士は、工事現場に赴く頻度が高くなる傾向にあります。

手掛ける建物の種類や規模は各企業によってさまざまで、戸建住宅やビルなど一部の分野に特化したところもあれば、あらゆる建築を幅広く行うところもあります。

「ゼネコン」と呼ばれる大手建設会社では、マンションや商業施設、公共建築物、駅など、規模の大きな案件に携わる機会が多いでしょう。

大手を中心に、給与や福利厚生などの待遇面は手厚いといえますが、一つ一つのプロジェクトが大きい分、建築士一人あたりにかかる業務負担も重くなり、勤務時間は長くなりがちです。

企業によっては、一般公募ではなく、大学などに直接求人する「指定校推薦制」を取り入れているところもありますので、就職を希望する企業があれば一度調べてみるとよいでしょう。

ハウスメーカーで働く建築士

ハウスメーカーは、戸建て住宅に特化した企画や設計、販売、技術開発などを行う企業です。

全国規模で広く事業展開している企業が多いことが特徴で、テレビコマーシャルなどで企業名を目にすることもよくあるでしょう。

各社は、仕様やデザインがある程度定まった独自ブランドを展開しており、決まった範囲のなかで設計することが一般的ですので、自由度はそれほど高くないといえます。

また、ほぼ100%個人のお客さまを相手にする関係上、打ち合わせなどで土日に勤務することが非常に頻繁にあり、休日については基本的に火曜日と水曜日を休みに設定しているところが多いようです。

企業によっては、営業部門と設計部門が明確に分かれておらず、接客まで建築士が手掛けるケースも見られます。

地方自治体で働く建築士

各地方自治体で、公共建築物の修繕やメンテナンスに関する計画の策定、工事費の算出、建築工事の監理などを手掛けます。

また、住民が家などを新築する際に、建物が建築基準法に合致しているか審査したり、既存住宅のなかに違法建築物がある場合は、所有者を指導したりします。

設計事務所や民間企業などとは異なり、ゼロから建物の設計を行う機会は少ないでしょう。

公務員という立場上、待遇はきわめて安定していますが、建築士試験とは別に、各地方自治体の公務員試験を受けて採用されることが必要です。

独立して働く建築士

個人、または法人形態で、自身の建築設計事務所を開業し、建築士兼経営者として働きます。

設計や建築に関するスキルだけでなく、案件を獲得するためのコネクションや営業力、事務所を運営するための経理知識や税務知識など、さまざまな能力が必要になります。

自分のやりたい設計を自由にできるというメリットはあるものの、事務所を経営していくためには安定して仕事を受注しなければならず、仕事を選り好みできない可能性も十分にあります。

大学の非常勤講師など、設計業務以外の副業をこなしている建築士も数多く見受けられます。

自身の理想を追求し、安定性を犠牲にしてコンペなどへの参加に比重を置く人もいれば、生活のための仕事を優先する人もおり、建築士としてのスタンスは個人によって分かれるでしょう。