歌手としての歌唱力をつけるには? ボイトレの方法は?

重要なボイストレーニング

歌手は、自分自身の歌声で、多くの人に勇気や感動、希望を与えていくことができる夢のある職業です。

プロの歌手としてやっていくための優れた歌唱力をキープするためには、広い音域で歌うことや声量を保つことが絶対条件となります。

口の開け方、声の出し方、音域の広げ方、抑揚のつけ方などを身に付けるためのボーカルレッスンやボイストレーニングを受けて、自分の技術を磨き続けることが求められます。

このような教室は全国各地にあるので、歌手を目指すのであればまずは専門のトレーナーに見てもらうとよいでしょう。

独学でトレーニングをしている人もいますが、自己流の場合は変な癖がついてしまうこともあるので、最初はプロにチェックしてもらうほうがよいでしょう。

歌唱力の秘密

優れた歌唱力の裏側にあるのは、高い技術だけではありません。

歌手として第一線で活躍する人たちは「世の中を元気にするんだ!」「人の心に響く歌を歌うんだ!」という強烈な思いを持って、日々歌い続けています。

趣味のレベルを超えた職業歌手としてやっていきたいのであれば、ただ漠然と「歌が好き」という気持ちだけでは、なかなか人の心にまで届くものを歌うことはできません。

「自分は歌でこういうものを伝えたい、表現したい」そんな気持ちがあるかどうかも、歌手としてやっていくためには重要な要素なのです。

健康を保つために

歌手は、自分の「声」を武器に身ひとつでお金を稼ぐことができる職業ですが、逆にいえば、健康な身体がなければ歌手としてバリバリと活動していくことはできません。

だからこそ、プロの歌手は皆、日頃から高い意識を持って自分自身の体調管理に努めています。

まず気を付けるべきこととして、「飲酒・喫煙」については、ほどほどにすべきです。

ロックミュージシャンの中にはお酒を浴びるように飲む人もいますが、それは毎日のことではありません。

飲むのは仲間との集まりや打ち上げのときが中心であり、コンサートの前日は「ノンアルコール」を徹底する人もいます。

無茶な飲酒は、喉や肝臓に負担をかけてしまいますし、翌日二日酔いで思うように声が出ない…なんていうことになれば、プロとしてはもはや失格です。

また、喫煙も肺活量低下や喉の疾患の原因となる可能性があるため、歌手を目指すうえではタバコはできるだけ避けたほうがよいとされています。

どんなに優れた歌唱力があっても、喉の調子がよくなければ本番で実力を発揮することはできないのです。

体調管理は歌手の歌唱力を支えるために欠かせないことです。

喉のケア方法

歌手は商売道具である喉を守るためにどのようなケアをしているのでしょうか。

まず、日常的には、外から帰ったら必ずうがいをして風邪予防に努めます。

外出中もできるだけマスクをして過ごしています。

とくに、冬場の乾燥は大敵です。

プロになると全国ツアーなどで各地を移動することも多くなるため、飛行機や新幹線などの移動中は必ずマスクをします。

また、宿泊先となるホテルは非常に乾燥しやすいため、加湿器を必ずレンタルしたり濡れタオルを部屋に吊るしたりといった風に、さまざまな工夫をして乾燥対策をしています。

そのほかにも、喉にいい蜂蜜や飴をなめたり、水をこまめに飲んだりすることも大切です。

そして少し風邪っぽいなと思ったら、とにかく栄養のあるものを食べる。

疲れが溜まっていると感じたら、できるだけ早く帰宅して多めに睡眠をとる。

このようなことを徹底するだけでも、体調管理に対する意識はだいぶ変わってくるものです。

歌手として成功し、長く第一線で活躍し続けるためにも、自分の体調は自分でしっかりと管理できる人間を目指しましょう。