女性の管理栄養士のキャリアパス・結婚後の生活

女性の管理栄養士の現状

管理栄養士や栄養士は、もともと女性の割合がとても大きな職業として知られています。

職場によっては、そこにいる管理栄養士のほぼ全員が女性ということもあるようです。

最近では男性の管理栄養士も増えつつありますが、どちらかというと女性が目指すことの多い職業のひとつだといえるでしょう。

管理栄養士の活躍の場は多岐にわたり、たとえば病院であれば医療に関して、高齢者施設であれば介護や福祉関連の専門スタッフと連携をとるなかで、それらに関連する知識や技術が身についてきます。

特定の領域での専門性を磨き、より難しい仕事に携わるようになったり役職者を目指していったりすることもできますし、別の領域の職場へ転職をして、管理栄養士としての幅を広げつつ新しいことに挑戦することもできるでしょう。

女性の管理栄養士の強み・弱み

強み

管理栄養士は栄養指導などの仕事を通して、人々の健康づくりに貢献します。

さまざまな人から相談を受けることが多いため、物腰柔らかで人の心に寄り添うことが得意とされる女性は、スムーズに仕事を進めていきやすいでしょう。

また、職場によっては調理に携わる機会もあります。

家庭で積極的に料理をしている女性にとっては、日常生活にも存分に役立つスキルを身につけやすい、また生活で身につけたことを仕事にも生かせるといったメリットがあります。

弱み

管理栄養士の仕事では、職場によっては体力勝負となることがあります。

とくに大変だとされるのが大規模な病院などで大量調理をする場合で、そこでは重い食材や調理器具を持ち運んだり、立ち仕事で身体を酷使することもあるかもしれません。

仕事に慣れればそこまで苦労を感じなくなると話す人も多いですが、体力があまりないと感じている女性にとってはきつい一面もあるでしょう。

また、女性が中心の職場も多いため、女性ならではのギスギスした人間関係に悩んでしまう人もいるようです。

ただし、女性が多くても風通しがよく、のびのびと働ける職場もたくさんあります。

管理栄養士の結婚後の働き方

正規雇用で働いていた女性の管理栄養士の結婚後は、そのまま正規雇用で働き続ける人もいますが、派遣社員やアルバイト・パートなど、別の形へ働き方を変えることも可能です。

管理栄養士の求人では非正規雇用のものも数多く出ているため、フルタイムでの勤務が難しい場合でも、仕事を辞めずに続けられるチャンスは十分にあるといえるでしょう。

ただし、どのような雇用形態で働く場合でも、管理栄養士としての仕事をするには管理栄養士の国家資格が必要になります。

派遣やアルバイト・パートの収入は、正規雇用の人に比べると低くなるケースが多いですが、国家資格の有資格者であることが強みとなり、非正規雇用としての時給は他の職種に比べるとやや高水準となっているようです。

管理栄養士は子育てしながら働ける?

子育てをしながら働き続ける管理栄養士もいます。

職場の待遇や福利厚生が充実していれば、正規雇用のまま働き続けることもできるかもしれませんし、派遣やパートなどの形で家庭と仕事を無理なく両立させていく方法も考えられます。

また、管理栄養士は独立して、フリーランスで仕事をしていくこともできます。

フリーランスになると、毎日決まった時間に出勤しなくてもよいですし、在宅での仕事を中心にやっていくことも可能になるため、育児で家を空けることが難しい人にも適した働き方といえるでしょう。

とくに最近では、特定保健指導(メタボ検診)の需要が増えていたり、自宅で栄養に関する電話相談をするような管理栄養士もいます。

子どもがまだ小さく、外になかなか出られないうちはこのような仕事が続けやすいでしょう。

ただし、フリーランスになると仕事を獲得するために自分で営業活動をしたり、経理などの事務作業もやっていかなくてはならないため、大変な一面もあることは頭に置いておいたほうがよいでしょう。

管理栄養士は一生働ける仕事?

管理栄養士の国家資格には有効期限がなく、一度取得すればずっとその資格を生かして働いていくことが可能です。

働き方としても、正社員として就職する以外に、派遣社員やパート・アルバイトなど、ライフスタイルに合わせて多様な働き方ができます。

とくに忙しい職場で働いている人は、結婚や出産などを機に、働き方を変えていく人もいるようです。

また、特定の組織に所属して勤めることや外に出ることが難しい状況であれば、フリーランスとなって在宅で仕事をしていくことも可能です。

もちろん、フルタイムでバリバリと働き続けながらキャリアアップを目指すことも可能ですし、空いている時間を上手に活用しながら、無理のない範囲で仕事を続けることもできます。

そして、企業などに勤めるのであれば定年で仕事を辞めなくてはならない可能性がありますが、独立すれば自分の意欲次第で何歳になっても仕事を続けていくことができます。