介護福祉士の勤務先の種類・活躍の場

介護福祉士の勤務先・働き方の種類

高齢者分野と障害者分野

介護福祉士は大きく分けて、高齢者分野と障害者分野に分けられます。

高齢者分野の場合、老人保健施設をはじめとした介護施設がおもな就職先となり、特別養護老人ホームなどの入居型介護施設や訪問介護事業、デイサービスなどで働きます。

障害者分野の場合は、身体障害者施設等の社会福祉施設で働きます。

キャリアを積んで活躍の場を広げる

介護福祉士はキャリアを積んでいくことで、仕事の幅はさらに広がり、自分次第で活躍する場を作り出すことができます。

たとえば、介護福祉士としての現場経験を生かして介護相談の仕事をしたり、デイサービスやヘルパーの会社の事業を開始したり、またホームヘルパー養成の講師や学校で介護教員をするなど、介護の現場で得られた経験や知識を生かす仕事をすることも可能です。

なお、ヘルパーの養成や介護教員になるためには、介護福祉士の資格を持ち、5年以上の経験が要件となり、また介護教員の場合は、「介護教員講習会修了書」が必要になります。

介護福祉士の仕事内容

高齢者分野で働く介護福祉士

居宅型サービス

居宅型サービスは、現在の居宅に住んだまま介護を受けられるサービスです。

介護福祉士は居宅サービスの事業所で訪問介護員(ホームヘルパー)として働くほか、「サービス提供責任者」といったホームヘルパーのリーダー的存在になって活躍することもできます。

またデイサービスなどの通所サービスでも介護福祉士が働いています。

施設型サービス

施設型サービスとは「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」「介護医療院」といった施設で介護サービスを行います。

介護をする介護福祉士だけでなく、看護師医師が常駐して療養上の管理や看護などのサービス、リハビリなどが行われるケースが多いです。

地域密着型サービス

介護度が重くなっても、住み慣れた地域でいつまでも生活できるような介護サービスです。

主に「グループホーム」があげられ、介護福祉士は主に認知症の利用者を対象に介護を行います。

障害者分野で働く介護福祉士

介護福祉士は、高齢者だけではなく障害を持つ人にも介護を行います。

高齢者を対象とした「介護保険制度」があるように、障害者分野でも「障害者自立支援法」という制度があり、知的障害・身体障害などの障害種別によって、それぞれの人が暮らしやすいように介護サービスを利用しています。

グループホームで社会自立を目指して利用している人・障害があっても仕事をして就労支援を利用している人・施設サービスを利用している人など、個々の障害に応じてサービスを利用することができます。

具体的な就職先としては、身体障害を持つ人の介護をする「身体障害者寮護施設」や、知的障害を持つ人の介護をする「知的障害者施設」「精神障害者福祉施設」、障害を持つ子どもたちの介護を行う「重症心身障害児施設」「社会福祉施設」などがあります。

サービス提供責任者として働く介護福祉士

介護福祉士として現場で働くことはもちろんですが、「サービス提供責任者」として働く方法もあります。

ホームヘルパー事業を行う訪問介護事業所(ヘルパーステーション)では、利用者40人に対し、介護福祉士の資格を持つ「サービス提供責任者」を1名以上配置することが義務付けられています。

介護福祉士の有資格者であればサービス提供責任者となることができ、利用者の介護状況や自立に対する要望を話し合ったり、介護サービスに関するスタッフの管理を行ったりするなど、訪問介護事業を取り仕切る業務を行います。