科学者の活躍の場、就職先

学者の一種である科学者の活躍の場は、大きく分けると「大学」か「民間企業」になります。

まず、科学者を目指す場合の一般的なルートは、大学から大学院修士課程に進み、さらに博士課程を経て博士号を取得するというものになります。

ここでは、大学にいる科学者と、民間企業に勤める科学者について見ていきましょう。

大学での研究を続ける場合

大学院で研究室に配属されると、研究テーマに沿った論文を書く日々が続きます。

博士号を取得して大学での研究を続けたいと思っても、安定したポストが得られる人はほんの一握りだけです。

「ポスドク」と呼ばれる非常勤、任期制の職に就いている研究者が多くおり、さほど専門性の高くない一般のアルバイトと同程度と同じくらいの給与しか保証されないこともあります。

あるいは、大学と雇用関係は結ばずに、無給で研究活動を続けるポスドクもいるといわれます。

大学や研究室によって、研究環境や研究資金の事情も異なり、大学にいるからといって決して恵まれた科学者ばかりではないことは事実です。

ただし、正規雇用され、助手や講師として任用され、さらに准教授、教授とステップアップしていくと、待遇は徐々に改善され、満足いく状態での研究がしやすくなります。

民間企業へ就職する科学者

民間企業へ就職する場合には、「研究職」としての採用が中心になるでしょう。

食品メーカー化学メーカー化粧品メーカー製薬会社など、研究職に就ける人を求める企業は多岐にわたります。

そうした企業内の研究所に所属し、おもに自社の事業や製品に関係する研究を続けていくことになります。

基礎研究も行われていますが、営利目的で事業を営む企業では、「利益を生み出すこと」に焦点が置かれており、完全に自由な研究ができるわけではありません。

ただし、会社員としての給料をもらいながら研究ができ、安定した待遇の下に働けることも多いです。

なお、「博士号を持っていると就職に有利」という声がある一方、必ずしも就職が約束されているわけではありません。

むしろ、企業では専門性以上に、コミュニケーション能力や協調性といった部分を重視する場合もあり、その点でつまづいてしまう人もいるようです。

公的研究機関に所属する人も

上記のほか、「産業技術総合研究所」や「理化学研究所」といった、公的な研究所に所属して研究を行う科学者もいます。

分野によっては、各機関とつながりの強い研究室からの就職が中心になっている場合もあるため、これらの研究所を志望する場合には、教授と機関のコネクションについてもよく考えながら動いていくことが必要になるといわれ