化学メーカー社員に特有の職種

化学メーカーでは、多様な職種の人たちがプロフェッショナルとしての誇りを持ち、協力しながら活躍しています。

その職種は大きく「技術系」と「事務系」の2種類に分けることができます。ここでは、化学メーカー特有といえる職種の代表的なものについて紹介します。

技術系の職種

研究開発

「ものづくり」を行うメーカーとして、競争力の源泉となる重要な仕事です。

有機合成、無機合成、分析・物性評価、安全性評価といった基盤技術から、製品開発を通じて、触媒設計、精密加工、有機・高分子材料機能設計といったコア技術まで、さまざまな組み合わせによって新しい技術の研究を深めていきます。

生産技術

より良い製品づくりをするためには、優れた生産プロセスや設備が不可欠あり、そうした「エンジニアリング」の仕事に携わるのが生産技術という職種です。

生産技術の仕事では、化学工学、機械工学、電気工学、制御工学など高度な専門性をベースにしつつ、プロセスやプラント全体を視野に入れた技術開発力が求められます。

製品性能や生産性を引き出すために適したプロセス条件、生産設備がどのような条件下で使われるのかを熟知して業務を進めていくことが必要になります。

品質管理

高品質の製品を安定的に生産、供給するために管理を行う仕事です。

製品の欠陥は、お客さまに不信感を与え、社会における企業ブランドを大きく低下させる事態をも招きます。お客さまの信頼感を十分に得るためにも不可欠なポジションです。

事務系の職種

営業(国内・海外)

多岐にわたる業種のお客さまとコミュニケーションをとり、相手のニーズを拾い上げながら、最適な製品を提案して受注につなげます。

ただ「ものを売る」というだけではなく、新規市場や拡販戦略策定に携わったり、お客さまと社内の研究開発部門の橋渡しとしての役目も担います。

企業によって異なりますが、国内外、さまざまな場所で活躍することができます。

購買

工場で製品をつくるための設備や機器、研究に必要な設備などの購入、建設工事・補修工事といった工事契約の締結などに携わります。

ほんの小さなネジから、数億円もする大型の機器などまで幅広く扱い、膨大な取引先のなかから自社にとって有益な取引を行うことを目指し、安価で品質の良い製品を調達していきます