働きながら柔道整復師の資格を取るには? 夜間や通信で資格の学校はある?

働きながら柔道整復師を目指すルートは?

柔道整復師は患者さんの身体に直接触れる仕事であり、専門的な知識と技術が求められます。

そのため、柔道整復師になるには柔道整復師の養成課程を置く専門学校か大学を卒業しなければなりませんし、それらの学校を卒業後、柔道整復師国家試験を受けて合格する必要があります。

では、すでに働いている社会人が柔道整復師を目指すことは不可能なのかというと、そのようなことはありません。

たとえば、柔道整復師養成学校のなかには「夜間部」を設置しているところがあります。

社会人が働きながら柔道整復師を目指す場合は、このような学校で柔道整復師の知識と技術を身につけていき、柔道整復師国家試験を受けることが一般的なルートとなるでしょう。

夜間部ではどんな勉強をする?

昼間部では、授業時間は10:00~16:00くらいとなっていますが、夜間部の授業時間はたいてい18:00以降になります。

そのため、昼間働いて、就業後に学校に通うことができます。

夜間部は昼間部に比べて1日の授業時間が短いため、カリキュラムが十分でないのではないかといった心配をする人もいるようですが、夜間部でもしっかりと資格取得が目指せるサポート体制が用意されており、昼間部と同じカリキュラムになっている学校もあります。

なお、最近では柔道整復師は病院や接骨院に勤務する以外に、介護保険関連施設やスポーツ関連施設、健康関連施設などへも活躍の場が広がっています。

こうした職場の広がりに合わせて、夜間部でも柔道整復師としてスポーツ分野や美容分野で勤務するのに必要な知識・技術を学習できるカリキュラムを組んでいる学校もあるようです。

通信では柔道整復師の資格が取れない

社会人の場合、たとえ夜間部であっても、学校に通うための時間を確保することは容易ではありません。

そのため、時間が取れるときに勉強することができる通信教育で柔道整復師になることを考える人もいるでしょう。

しかし、残念ながら通信教育では柔道整復師になることはできません。

医療従事職であっても、一部の仕事については通信教育によって資格を取得することは可能ですが、柔道整復師のように専門的な知識・技術が必要になる職業では、通信教育によって資格を取得することが認められていません。

柔道整復師は、それだけ責任ある仕事であり、医学的なことや人体の構造などに関する正しい知識・技術が要求されるため、学校に通って勉強することが必須とされています。

社会人から柔道整復師になる人は多い?

まったく異業種の社会人として働いていた人が、柔道整復師への転身を目指すケースは決して少ないわけではありません。

柔道整復師は一度国家資格を取得すれば、それを生かして長く活躍できますし、独立開業することも可能です。

社会人として忙しく働くうちに健康を強く意識するようになり、柔道整復師になることを決める人もいます。

それまでの仕事をスッパリと辞めて柔道整復師養成学校の昼間部に通うことももちろん可能ですが、仕事は続けながら夜間部に通うことで、収入面の不安を和らげることにつながります。

なお、夜間部を置く養成学校のなかには、接骨院や鍼灸院、病院などの勤務先を紹介してくれるところがあります。

そのような学校では、昼間は将来の柔道整復師を目指して接骨院や鍼灸院、病院といったところで働き、夜間は学校で勉強することができます。

もちろん、国家資格を持っていない段階では柔道整復師としての施術はできませんが、先輩の仕事ぶりを肌で感じたり、患者さんの気持ちを理解したりする貴重な経験にはなるでしょう。

勉強しながら実習をしているようなものです。

学校で勉強した知識や技術をすぐに現場で活用することができるため、このような場で働きながら学ぶメリットは十分にあるといえます。

社会人経験が柔道整復師の仕事にプラスになることはある?

柔道整復師の施術を受ける患者さんは、何かしらの身体の不調を抱えています。

また、患者さんは若い人からお年寄りまで世代も幅広く、さまざまな境遇や立場の人がいます。

もちろん、若くて元気いっぱいの柔道整復師も需要がありますが、社会人として数々の人生の苦労を乗り越えてきたからこそ、多彩な患者さんの気持ちを受け止められる一面もあります。

患者さんと上手にコミュニケーションをとるうえでも、社会人経験で培ってきた視野の広さや話題の豊富さは武器になるでしょう。