人材派遣会社社員に特有の職種

人材派遣会社では、この業界特有といえる職種に就いている人たちが多く活躍しています。

ここでは、そんな人材派遣会社ならではといえる各職種の特徴や、仕事内容について簡単に紹介していきます。

営業

法人企業に対して、人材派遣の活用を含めた企画提案やコンサルティング営業を行います。営業相手は企業の人事担当者が中心です。

すでにある「モノ」を売る営業ではなく、相手の抱える課題やニーズを拾い上げながら、その課題を解決するための提案をしていきます。

ここでの企業とどれだけ深い話ができるかによって、その後、就業希望者と企業を正しくマッチングすることにもつながっていきます。

なお、新規営業担当者が既存のお客さまを担当する仕事と兼任している会社もあります。

アドバイザー

すでに登録している派遣スタッフのフォローを行います。

派遣先での仕事状況や人間関係、仕事上で何か問題や困ったことがないか、といったカウンセリング的な業務も行います。

もし仕事内容や職場環境に問題がある場合には、派遣先企業と相談しながら改善を図ります。

派遣スタッフが安心して働けるように努めると同時に、派遣スタッフにイキイキと働いてもらうことで派遣先企業の満足度アップにも貢献します。

コーディネーター

派遣先企業が求める人物像に見合う派遣スタッフをマッチングしていきます。

営業が持ってきた求人を基に、登録者の中から今までの職歴や業務スキル、勤務に関する希望等を踏まえてふさわしい人材を選び、仕事を紹介します。

まさに希望する仕事を求める派遣スタッフと企業との橋渡し的な存在となりますが、営業担当者が兼任するケースもあります。

スタッフ支援(フォロー)

登録している派遣スタッフに対しての教育・研修、キャリアコンサルティング、そのほか各種サポート業務を担当します。

アドバイザーが兼任することもあります。