人材コーディネーターの社内での位置づけ、役割

人材サービス会社で働く人びと

人材派遣会社や人材紹介会社では、おもに以下のような職種の人たちが働いています。

・管理系職種(総務経理広報経営企画など)
・営業
人材コーディネーター

このうち、管理系職種はどのような業種の企業にも不可欠な仕事であり、従業員が働きやすい環境を整えたり、給与計算や勤怠管理などを行ったりしながら、会社の経営を裏方としてサポートします。

また、営業は新規にクライアントとなる企業を見つけたり、既存顧客から新たな求人案件を取ってくる仕事です。

顧客の人材に関するニーズを拾い上げ、適切な登録スタッフを派遣・紹介します。

そして、もうひとつの人材コーディネーターこそが、人材サービス会社に特有の職種だといえます。

クライアント企業と求職者をつなぐ

人材コーディネーターの役割は、人材を求めるクライアント企業と、求職者(登録スタッフ)の仲介役となり、両者をつなぐことです。

具体的には、求職者の面接やカウンセリング、求職者の希望や能力に合った案件のピックアップと仕事紹介、就業後のアフターフォローなどを行い、企業と求職者の両方が満足できるように橋渡しを行います。

適切なマッチングをするうえで、人材コーディネーターは不可欠な存在といえます。

なお、会社によっては「人材コンサルタント」「キャリアカウンセラー」といった名称で呼ばれていることもあります。

→→キャリアカウンセラーの仕事

営業や、営業アシスタント的な仕事を任されることも

会社によっては、人材コーディネーターと営業が分業されておらず、コーディネーターが営業の仕事まで兼務していたり、営業サポートや事務作業を任されることもあります。

その場合も、一般的な営業のように外回りをすることもあれば、オフィスでのテレアポや資料作成のみであったりと、会社によって働き方は異なります。

いずれにしても、人材サービス会社では、人材コーディネーターの活躍が会社の成功を左右するといっても過言ではありません。