人材コーディネーターの資格、スキル

必要な資格はとくになし

人材コーディネーターとして働くにあたって、必要とされる資格はとくにありません。

未経験からこの仕事をスタートすることも可能ですし、何も資格を持たずに活躍している人材コーディネーターはたくさんいます。

キャリアカウンセラー」など、人材コーディネーターの仕事に関連する民間資格はいくつかありますが、それらを持っていれば就職や転職に大きく有利になることはあまりないようです。

それよりも、人材業界での勤務経験や、営業職経験などが歓迎される傾向にあるといわれています。

国家資格「キャリアコンサルタント」を取得する人も

人のキャリアに関するコンサルティングを行う専門家として、平成28年4月に「キャリアコンサルタント」という資格が生まれています。

なかには、キャリアコンサルタントの有資格者が人材コーディネーターをしている場合もあるようです。

キャリアコンサルタント資格は、所定の講習を受けるなどをして国家試験の受験資格を得たうえで、国家試験に合格する必要があるなど、少々ハードルが高くなっています。

ただし、この資格を持っていれば「キャリア支援」の専門性を示すことができ、人材業界では評価されることがあります。

キャリアカウンセラー(キャリアコンサルタント)の仕事

求められるスキル

人材コーディネーターには、以下のようなスキルが必要とされます。

折衝力・調整力

人材コーディネーターは、クライアント企業と登録スタッフの間に立ち、両者にとって良いマッチングを行っていきます。

案件を紹介してもスタッフが納得しないこともありますが、ただ相手のいう通りに動くのではなく、うまく交渉をしながら相手に納得してもらい、結果に結びつける必要があります。

ストレス耐性

人材コーディネーターは「人」に深く関わる仕事であるだけに、マニュアル通りに進まないこともよくあります。

クライアントとスタッフの板挟みとなり、ストレスがかかる場面に出くわすこともあります。

ストレスに押しつぶされてしまうのではなく、上手に気持ちの切り替えができることが望ましいです。

対話力

人材コーディネーターの重要な業務のひとつに、求職者との面談があります。

相手がどのようなキャリアを積み、これからどのような仕事をしたいのかを確認するわけですが、そこではどれだけ相手の本音を引き出せるかがポイントになります。

自分が一方的に話すのではなく、人の話をよく聞き、相手が話をしやすいように導いていく力が求められます。