女性の人材コーディネーター

女性が多く活躍している

人材コーディネーターは、人材サービス会社のなかでも営業職などと比べると、女性の活躍が目立つようです。

この仕事では、「求職者のカウンセリング」など人と向き合うことが多いため、人の気持ちに寄り添うことが得意といわれる女性には向いている面があるのかもしれません。

もちろん、男性でも人材コーディネーターをしている人もいますが、女性の割合が比較的大きいことから、女性が挑戦しやすい職業のひとつといえるでしょう。

残業が多く、家庭との両立が難しい場合も

人材コーディネーターは、自分の頑張りによって人や企業の力になることができる魅力的な仕事ですが、厳しい面も多々あります。

とくに大変といわれるのは、この仕事は夕方から業務が立て込むことが多く、どうしても残業が増えやすい傾向にあるということです。

その大きな理由としては、登録スタッフへの連絡がつくのが夕方以降になりがちなことと、期日までに必ず適したスタッフを見つけてマッチングさせなくてはならないことが挙げられます。

また、クレーム対応や急な面談などが入ることもあります。

「人」を相手にする仕事であるだけに、どうしてもスケジュール通りに事が運ばないこともあるようです。

フルタイム以外で働ける職場も

しかし、すべての人材コーディネーターの職場が激務というわけではありません。

人手不足の会社では残業残業の日々で苦しい思いをしている人もいるようですが、体制がしっかりしている会社では、よほどの時以外は残業をほとんどせずに帰れるところもあるようです。

また、フルタイム以外で働くという選択肢もあります。

人材サービス会社によっては、正社員だけでなく、契約社員やアルバイトなどの形態で働く人材コーディネーターも活躍しています。

また、育児中の時短勤務が認められている会社もあり、そのような制度をうまく利用しながら家庭と仕事を両立している女性もいます。