人事コンサルタントの種類

専門領域はさまざま

コンサルタント」というと、戦略系、業務系、IT系、そして人事・組織系などさまざまな分類ができますが、「人事コンサルタント」といわれる人たちも、専門とする業務内容や領域に応じて、いくつかの種類に分けることができます。

人事コンサルタントのおもな業務の種類

人事コンサルタントは、おもにクライアント企業の人事制度設計、評価制度といった人事領域におけるコンサルティングを行います。

このほか、組織風土改革、人材開発、チェンジマネジメントといった「人材」に関する多様な課題を取り扱います。

また、最近ではM&Aによる企業合併に関連した人事制度の統合・構築といった分野の案件も増えているようです。

コンサルティングファームで働く人

コンサルティングファームは、いわゆるコンサルタントのプロ集団です。

さまざまな領域の課題を総合的に解決していくコンサルティング会社もあれば、人事・組織系に特化した会社もあります。

おもに多種多様な事業会社をクライアントとし、クライアントの「人材」に関する経営課題について、第三者の立場かつプロフェッショナルとして解決に導いていきます。

クライアントの業界や業種はさまざまであるため、多様なプロジェクトに挑戦できるという特徴があります。

経験を積んだコンサルタントは、別のコンサルティングファームに移ったり、独立するような人もいます。

事業会社で働く人

いわゆる一般企業の人事部門で働く人事コンサルタントもいます。

その場合、営業職や事務職など他職種の社員と同様、勤務先の企業のいち社員として、自社の組織づくりに深く関わっていくことになります。

腰を据えて、じっくりと仕事を進め、自社の経営に貢献していきやすい環境があるといえるでしょう。

経験を積み、社内で昇進していくこともできます。

ただし、勤務先の規模や業種などによって人事部門の人数や体制は異なるため、働き方はだいぶ変わってくるといえるでしょう。