人事コンサルタントの勤務時間・休日・残業

勤務時間

人事コンサルタントの勤務時間は、一般的には9:00~18:00くらいに設定されています。

ただし、クライアント企業のスケジュールに合わせて動くことが求められるため、上記の時間よりも朝早くから出勤したり、夜遅い時間にミーティングを行うようなこともあります。

1日の標準労働時間は7.5時間程度が一般的です。

会社によってはフレックスタイム制が導入されており、もう少し柔軟な勤務体系で働くことができます。

休日

コンサルティングファームなどの会社で働く人事コンサルタントの休日は、一般的には土・日曜日が休みの「完全週休2日制」となっています。

クライアントも土日を休みとする企業がほとんどであるため、相手に合わせて休みが取れることがほとんどです。

しかし、クライアントの業界によっては、週末に出勤して対応しなくてはならないこともあるでしょう。

夏季休暇、年末年始休暇、ゴールデンウィーク休暇などの連休は、案件が立て込んでいない限りはきちんととれる企業が多いようです。

残業は多くなりがち

人事コンサルタントは、日中はクライアントとのミーティング、それ以外の時間を使って調べものや資料作成などを行いますが、一人が抱える業務量は多く、残業時間も増えがちといわれています。

プロジェクトが佳境に入ってきたときなどは、深夜まで仕事を続けるようなこともあるようです。

ただし、求人情報を見ると、会社によっては「残業20時間以内」など明確に打ち出しており、さほど残業が多くないところもあるようです。

それでも、クライアントや関わっているプロジェクトの状況によっては、残業をして対応しなくてはならないことも出てくるでしょう。

ただし、コンサルタントは成果を出すことが求められる一方、個人の裁量も大きく、案件が落ち着いている時期はしっかりと休むことができます。

自分でスケジュール管理を行い、メリハリをつけて働いている人が多いようです。