女性の人事コンサルタント

女性でも活躍できる?

コンサルタントという仕事は、一般に「激務」のイメージが根付いているようで、とくに女性にとってはハードな仕事と認識されることが多いようです。

その理由として、コンサルタントは関わるプロジェクトで突発的なトラブルが発生したり、厳しい納期の中で案件を進めていかなくてはならなかったりすることが多く、どうしても残業時間が増えがちということが挙げられます。

しかし、人事コンサルタントの場合、戦略系コンサルタントなどと比べると忙しさは穏やかであり、そこまで激務ではないともいわれます。

「人と関わる仕事」を志望する女性が多いこともあって、人事領域を専門とするコンサルタントは、女性の割合も大きめとなっているようです。

女性のキャリアパスは?

コンサルタントは個人の能力が重視されやすい仕事であるため、スキルが身につけば、多方面へのキャリアが広がっていきます。

コンサルタントは転職する人も多いといわれていますが、事業会社の人事部、別のコンサルティングファーム、人材エージェントなどの別企業へと転職するケースも多いようです。

それまでの専門領域とは異なる領域に挑戦し、専門性を広げていく人もいます。

また、個人のコンサルタントにクライアントがつきやすい仕事であるため、クライアントとの信頼関係が強くなっていくことで独立を果たす人もいます。

出産・結婚後も働ける?

人事コンサルタントとして、仕事と家庭を両立させるのは簡単なことではないかもしれません。

しかし、最近では女性の人事コンサルタントも増えており、勤務先によっては柔軟な働き方ができる環境も整いつつあります。

経験があれば、自分で上手にスケジューリングをして、時短勤務やリモートワークなどで働くこともできるでしょう。

なお、コンサルティングファームの雰囲気はさまざまであり、女性がたくさん活躍している会社もあれば、まだまだ男社会の会社もあるようです。

就職先を探す際には、既存の社員がどのような働き方をしているかまでよく確認してみるとよいでしょう。