自動車整備士になるための学校と学費(専門学校・大学)

自動車整備士になるための学校の種類

自動整備士になるための学校と資格

自動車整備士になるための学校の種類は、大きく以下4種類に分けられます。

<整備士が通う学校の種類と目指せる資格> ・工業高校(自動車科など):3級整備士のみ ・大学:1級整備士、2級整備士 ・短期大学:1級整備士、2級整備士 ・専門学校:1級整備士、2級整備士 ※2級整備士を目指す場合は2年制、1級整備士を目指す場合は4年制 最短で整備士を目指す場合は、工業高校の自動車科などに進学し、3級整備士養成課程を受講し、3級整備士試験の受験資格を得るルートがあります。 1級整備士や2級整備士を目指す場合は、国土交通大臣が「1種養成施設」として指定している自動車整備学校(大学・短大・専門学校)などに進学し、整備士養成課程を受講する形となります。

学校への進学は必要か?

自動車整備士になる上で、必ずしも学校への進学が必要なわけではありません。

自動車整備学校には通わずに、実務経験を積んで自動車整備士試験を目指すルートも用意されています。

とはいっても、自動車整備学校に通い各種整備士養成課程を受講した方が、より早くに自動車整備士試験の受験資格が得られ、かつ「実技試験が免除になる」というメリットがあります。

その他にも、整備士試験の対策講座なども用意されているため、試験を有利に進めやすいです。

学校へ進学しない場合は?

自動車整備学校に通わない場合は、まずは未経験・未資格の状態で整備の現場に就職します。

その後、実務経験を積むと自動車整備士試験の受験資格が得られます。

<実務経験と受験資格>
・実務経験1年以上:3級整備士の受験資格が得られる
・実務経験2年以上:特殊整備士の受験資格が得られる
・3級合格後、実務経験3年以上:2級整備士の受験資格が得られる
・2級合格後、実務経験3年以上:1級整備士の受験資格が得られる

このように実務経験を積めば、学校に通わずとも自動車整備士試験を受験できます。

ただし、実務経験だけで受験する場合は、「実技試験が免除にならない」というデメリットがあります。

また、実務経験だけで受験する場合、1級であれば最短でも7年もの長い歳月が必要となります。

自動車整備士になるには? 必要な資格や免許は?

自動車整備士になるための大学

大学の特徴

整備士向けの教育を行う「1種養成施設」として指定されている学校の中には、数としては少ないものの大学(4年制大学、短大)もあります。

指定の大学の整備士養成課程で学べば、専門学校と同様に、1級整備士試験や2級整備士試験の受験資格が得られます。

大学の場合、「自動車工学」や「機械工学」などの学問を、アカデミックに理論的に学べる環境が用意されています。

もちろん、自動車整備士向けの学部では実習講義なども用意されておりますので、理論や知識だけでなく、実技としての技術を学ぶこともできます。

また多くの大学では、専攻した科目以外の講義も受けられる仕組みとなっていますので、自動車整備以外の分野の教養も培うことができます。

大学に通うメリット・デメリット

大学特有のメリットとしては「学歴が得られる」ということが挙げられます。

4年制大学を卒業すると「学士」、短期大学を卒業すると「短期大学士」の学歴(学位)が得られます。

まだまだ日本では学歴社会の価値観が根付いているため、いずれ就職や転職をする際などに、学歴は何かしらのプラスとなってくれるでしょう。

大学に通うデメリットとしては、「学費が高い」ということが挙げられます。

とくに私立大学となると、4年間で400万円以上の学費が発生することもあります。

また、1種養成施設として指定されている大学は全国でも数少ないため、お住まいの場所によっては、引っ越しや一人暮らしを考える必要がでてきます。

大学の学費は?

大学の学費は学校によっても変わってきますが、おおよその目安としては次のようになります。

<大学の学費の目安>
・国立大学:4年間で約250万円
・私立大学:4年間で約400万円~550万円
・公立短期大学:2年間で約100万円
・私立短期大学:2年間で約200万円 ※1級整備士を目指す場合は別途約2年分の費用発生

この他にも、上京して一人暮らしをするとなると「生活費」も発生します。

家賃・食費・光熱費などの必要最低限の生活だけでも、年間100万円程度は掛かってくるでしょう。

どのような学部・学科で学ぶか

大学で自動車整備を学べる学部・学科は、主に次のようなものが挙げられます。

<大学で自動車整備を学べる学部・学科>
工学部 機械工学科
・理工学部 機械工学科
・自動車工学科
・自動車工業学科
・交通機械工学科
・車体整備工学専攻科
・モータースポーツエンジニアリング学科
など

なお、自動車整備士試験の受験資格を得るには、国土交通大臣が「自動車整備士養成施設」として指定している大学・短期大学の学部・学科でなくてはなりません。

国土交通大臣の指定する「自動車整備士養成施設」については、以下の国土交通省のページから確認できますので、入学を考えている学部が対象となっているかを確認しておきましょう。

国土交通省 自動車整備士養成施設について
※「国土交通大臣が定める自動車に関する学科を有する大学一覧」のリンク先を参考

自動車整備士になるための専門学校

専門学校の特徴

整備士向けの教育を行う「1種養成施設」として指定されている学校はたくさんありますが、その大半を占めているのは専門学校であり、全国各地に数多く存在します。

指定の専門学校の整備士養成課程で学べば、1級整備士試験や2級整備士試験の受験資格が得られます。

ただし、1級整備士試験の受験資格を得るには、「2年制コース」ではなく「4年制コース」に進む必要がでてきます。

専門学校は、大学よりもさらに実践的で即戦力となる教育を行っている学校が多いです。

充実した設備や施設の中、実習車を使った実習なども積極的に行われています。

また、自動車整備士試験をはじめとした各種資格試験の対策講座も充実していますので、より資格取得を目指しやすい環境ともいえます。

専門学校に通うメリット・デメリット

専門学校特有のメリットとしては「入学しやすい」ということが挙げられます。

基本的には大学に比べると入学試験の難易度が低いため、学力や成績が不安な人であっても入学しやすいメリットがあります。

また、自動車整備士向けの専門学校は大学よりも圧倒的に数が多く、全国各地に存在しますので、引っ越しや一人暮らしなどをせず、地元の専門学校に通い整備士を目指すこともできるでしょう。

専門学校のデメリットとしては、「学歴として弱い」ということが挙げられます。

学歴は一般的に、短大と専門学校は同等に考えられることが多いですが、4年制大学と比べると専門学校は下に見られることがあります。

たとえば途中で整備士の道を諦め、一般企業に就職することになった場合などには、専門学校卒よりも大学卒の学歴を得ていた方がやはり強みとなってくれるでしょう。

ただし整備士の就職活動に限っていえば、2級過程卒(2年制コース)か1級過程卒(4年制コース)の方が重視され、専門学校卒であるか大卒であるかはさほど重視はされないことが多いようです。

専門学校の学費は?

専門学校の学費は、2年制コースか4年制コースかで大きく変わってきます。

<専門学校の学費の目安>
・2年制コース(2級整備士養成課程):2年間で約220万円
・4年制コース(1級整備士養成課程):4年間で約450万円

初年度は入学金などが上乗せされるため、年間120万円程度の学費が発生します。

2年目以降は少し減り、年間100万円程度の学費が毎年発生すると見込んでおくのがよいでしょう。

なお1級整備士を目指す場合は、学校に4年間通う形となりますので、その分学費の総額も高額となってきます。

どのような学科・コースで学ぶか

専門学校で自動車整備を学べる学科・コースは、主に次のようなものが挙げられます。

<専門学校で自動車整備を学べる学科・コース>
・自動車整備科
・自動車工学科
・自動車整備工学科
・自動車システム科
・2級整備士学科
・1級自動車工学科
・自動車整備養成科
・自動車総合学科1級コース
など

専門学校に関しても、自動車整備士試験の受験資格を得るには、国土交通大臣が「自動車整備士養成施設」として指定している専門学校の学部・学科でなくてはなりません。

国土交通大臣の指定する「自動車整備士養成施設」については、以下の国土交通省のページから確認できますので、入学を考えている学部が対象となっているかを確認しておきましょう。

国土交通省 自動車整備士養成施設について
※「全国の一種養成施設(整備専門学校など)一覧」のリンク先を参考

自動車整備士の学校選びのポイントは?

整備士試験の受験資格が得られるか

まず、もっとも重要になるのは、自動車整備士試験の受験資格が得られるかの部分です。

「自動車〇〇科」といったようなそれらしい名前の学科であっても、中には受験資格が得られない学科もあり、そうなると卒業後に実務経験を積まないと、整備士試験を受験できなくなってしまいます。

「その学校、その学科・コースで学ぶことで、自動車整備士試験の受験資格が得られるか」「何級の受験資格が得られるか」を、必ず確認した上で入学する必要があります。

就職率や資格合格率

「就職率」は、その学校の教育水準を測る大きな指標となります。

就職率が高い学校は、それだけ充実した授業や就職サポートが行われており、熱意のある学生が多い環境ともいえます。

昨今の景気回復により、就職率100%が当たり前になってきてはいますが、その分極端に就職率が低い学校は注意が必要です。

また、自分が将来目指している就職先に、卒業生がどれくらい就職しているかも併せてチェックしておきたいところです。

「資格合格率」については、十分な教育が行われている学校であれば、2級整備士の合格率は少なくとも80%を超えていることが一般的です。

合格率が50%、60%と極端に低い学校、もしくは公開してない学校は、注意が必要でしょう。

学校環境や講師もチェック

学校によってカリュキラムの内容や、実習設備、実習車なども変わってきます。

たとえば自動車メーカー系の専門学校ですと、実習車が同一メーカーの車種に固定されてくるため、幅広いメーカーの車種に触れられないといった弱点もあります。

学校環境が合っているかについては、実際に目で見ないと感じ取れない部分もありますので、パンフレットだけでなく、「体験入学」や「オープンキャンパス」に参加してみることも大切です。

また自動車整備の授業は、教える「講師」の質も重要であり、講師次第で生徒の上達も大きく変わってきます。

単に実績があるかだけでなく、講師の教え方や人間性の部分も併せてチェックしておくことが望ましいです。