自動車メーカー社員に特有の職種

新しい車の開発から生産を行う自動車メーカーには、さまざまな職種の人が働いています。

そのなかでも、ここでは「自動車メーカーならでは」といえる自動車メーカー特有の職種について紹介します。

研究開発

最先端かつ高度な技術を凝縮させて生産される自動車。メーカーでは、電子技術、モーター、エンジンなど各分野の専門家が集まり、研究開発を進めています。

自動車を一から設計していく「ものづくり」に関わる仕事であり、自動車メーカーには不可欠な存在かつ中心的な存在です。

技術は日々進化し続けていくため、次世代自動車についての研究を進めながら、自社の製品づくりをどう進めていけばよいかについても検討します。

商品企画

新しい自動車を作る際に、市場動向や世の中のニーズを把握したうえで商品コンセプトを決定し、販売の戦略を立てていきます。

商品企画の仕事

マーケティング・営業企画

マーケティングや消費者の動向調査、ブランドイメージづくりに携わります。

マーケティングの仕事

資材調達

自動車の製造に使用する部品や資材の調達業務を担当します。

自動車の生産には大量の部品を使うため、どこから、どの部品を、どれくらいの価格で仕入れるかは、「コスト」にも直結する非常に重要なポイントです。

生産

工場における自動車の生産体制をマネジメントする仕事です。

短期的および中長期的な生産スケジュールを管理したり、生産ラインのチェックや、生産した自動車の品質管理などを行います。

販売支援

販売店を持っているメーカーの場合、各店舗がより効率的な収益を上げられるような計画を立て、支援を行います。

その他

上記のほか、グローバル展開をしているメーカーであればグローバルでの営業に携わる人、新プロジェクトに携わる人など、会社ごとにさまざまな職種があります。

また、一般的な企業と同様に、総務や経理・財務、人事、広報といった管理系の職種に就いて社員や会社を支えている人もいます。