自動車工場の期間工とは

期間工とは何か

自動車の生産に関わる仕事として「期間工」という言葉があります。

期間工とは、いわば自動車工場で働く契約社員です。企業から期間を決めて雇用され、自動車生産ラインで働く人が「期間工」と呼ばれています。

ただし、期間工という呼び方は通称であり、期間工を雇用する企業は一般的に、期間工のことを「期間従業員」や「期間契約社員」などと表します。

自動車の生産には多くの人手が必要となるため、社員以外に、期間工を雇って作業を進める企業は少なくありません。

期間工の仕事

期間工は、おもに自動車メーカーの自動車工場において、生産に仕事に携わります。

製造工程に関わる社員と一緒に、自動車の各パーツ製造やプレス、溶接、完成車組立、エンジン組立や機械加工などを担当します。

部品製造から、完成車として市場に送り出すまでの一連の過程の業務に携わることになります。

一般的に、製造の仕事というと専門知識やスキルが求められるイメージがあるかもしれませんが、期間工の場合は未経験からでもスタートしやすく、実務を通じて仕事を覚えていくことができます。

期間工の給料・待遇

期間工は、労働法において「雇用」される立場となるため、「請負」である派遣よりも手厚い待遇の下に働くことができます。

給料や待遇については雇用される企業によって事情が異なりますが、大手であれば安定的な収入を望むことができ、各種社会保険もたいてい完備されています。

欠勤がない場合などは、満了慰労金や満了報奨金が支給される企業もあります。

また、工場のすぐ近くに寮が用意されている企業もあり、その場合、雇用期間中はそこで生活することもできるようです。

とはいえ、あくまでも有期での雇用となるため、契約期間が終了すれば基本的に仕事がなくなってしまい、再び自分で仕事を見つけなくてはなりません。

ただし、勤務成績や態度、能力などが認められれば、会社の事情によって、契約更新されることもあります。