自動車ディーラー社員の種類

自動車ディーラーの系列について

自動車ディーラーは、各自動車メーカーの販売チャネルごとに「系列(販売チャネル)」と呼ばれるものが存在しています。

基本的に系列ごとに販売している車種は異なるため、車の購入を希望する際には、その車種を取り扱かっているディーラーを訪れる必要があります。

過去はどのメーカーでも複数の系列を持っていましたが、最近は系列の統合が進んでおり、トヨタなど限られたメーカーでのみ複数の系列が残っている形になっています。

そして、同じ系列で同じ経営会社ということもありますが、同じ系列で経営する会社が異なる場合もあります。

各自動車メーカー系列のディーラー

各自動車メーカー別の販売チャネルの種類は、以下の通りです。

トヨタ

トヨタ販売会社は、4つの系列(トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店)で構成されています。

「トヨタ」は主に高級車・社用車、「トヨペット」は主にシニア向けのセダン、「カローラ」は主にコンパクトカー、「ネッツ」は主に若年層向けといったように、お客さまのライフスタイルやニーズに促した取り扱い商品をラインアップとして有しており、販売チャネルの特長を生かした店舗を展開しています。

ただし、複数の販売チャネルで販売されている車種や、地域によって取扱いが異なる車種もあります。また、各系列における車種の併売化は今後さらに進められていくようです。

日産

レッド&ブルーステージ

ホンダ

Honda Cars(ホンダカーズ)

マツダ

マツダ、マツダアンフィニ、マツダオートザムの3系列がありますが、基本的にすべてのディーラーで全車種を取り扱っているようです。

三菱

ミツビシモーターズ

ダイハツ

ダイハツ

スズキ

スズキとスズキアリーナの2系列があります。