自動車ディーラー社員に特有の職種

自動車ディーラーの仕事は、大きく分けると「営業職」と「整備職」の2種類があります。

ここでは、それらに「事務職」を加えて、それぞれの仕事内容について紹介していきます。

営業職

車の購入を考えているお客さまに対し、家族構成やライフスタイル、車に求める機能・性能などをヒアリングしたうえで、自社の取り扱い車種のなかから最適な車を提案する仕事です。「カーライフアドバイザー」と呼ばれることもあります。

車の販売時だけではなく、新製品の案内、定期点検や車検、保険といったアフターサービスをオススメしながらお客さまとのつながりを継続させ、「またここで買いたい!」と思っていただくために行動することも重要な役目です。

車に関するさまざまな不安や疑問などを抱くお客さまにとっての「よきパートナー」となり、長期的な信頼関係を築いていきます。

整備職

車の点検・整備などのアフターサービスを担当する技術職で、「サービスエンジニア」と呼ばれることもあります。

自動車整備に関する専門知識と技術を持ち、お客さまが大事にしている車に安心して乗り続けられるように作業を進めていきます。

また、ディーラーの営業担当などと連携しながら、整備点検内容をお客さまにわかりやすく伝えていくことも大事な仕事の一部です。

日々技術力を高めながら、確かな技術力で車のドクターとしての力を発揮していきます。

自動車整備士の仕事

事務職

店舗を裏方として支えていく仕事です。会社によって仕事内容は若干異なりますが、お客さまに渡すパンフレットや見積書の準備、電話応対、書類作成、営業サポートなどを担当します。

アフターサービスの窓口となり、お客さまからの車に関する問い合わせを受けたり、また、ショールームスタッフとして店舗の掃除や展示車や試乗車の洗浄、来店されたお客さまに心地よく過ごしていただくため主体的に接客に携わっていくこともあります。