自動車部品メーカー社員に特有の職種

自動車メーカーでは、多種多様な職種の人たちが活躍しています。

製造業であるだけに理工系の職種が多いものの、文系出身者が活躍できる仕事もたくさんあります。

ここでは、自動車部品メーカー特有といえる職種について紹介していきます。

技術系の仕事

開発

「ものづくり」をする自動車部品メーカーにおいて、なくてはならない職種が製品開発です。

専門性をもったエンジニアたちがチームを組み、お客さまのオーダーに合わせて構想・設計・試作・実験・評価を繰り返しながら、新しい製品を生み出していきます。

クリエイティブセンスが試される職種であり、モノ造りの醍醐味を味わえます。

品質保証

人を乗せて走る自動車に使われる部品は、確実な安全性が約束されたものではなくてはなりません。

品質保証の仕事では、安全な部品の製造を行うための各部門でのルールづくりや管理などに取り組みます。また、ユーザーからの問い合わせやクレームなどにも対応します。

生産技術

自動車部品メーカーでは、生産性の向上は利益の向上に直結します。

開発した製品に対して最善の生産工法を検討し、生産性を高める仕事が生産技術です。

生産工程の設備を整え、量産性や品質、納期、コストなどのニーズを両立させながら、安定したモノ造りができる環境作りを行っていきます。

生産部門の仕事

生産管理

お客さまからの受注内容をもとに、工場での生産計画を立案します。また、生産の流れや納入数の調整、在庫管理なども担当します。

営業部門の仕事

営業

自動車部品メーカーの営業の仕事は、対法人のBtoB営業となります。

お客さまのニーズを拾い上げ、社内の開発部門や生産部門と連携しながら納品までの管理を行います。

市場動向の情報収集や調査など、マーケティング的な仕事にも携わります。

調達部門の仕事

調達

自動車部品製造に必要な材料、部品、設備の調達を行います。

調達は、自社の利益を生み出すことにつながる重要な部門。さまざまな仕入先と関係性を築き、少しでも安く、質のよいものを仕入れられるようにします。