外資系の自動車部品メーカー

外資系自動車部品メーカーの仕事

日本国内には、トヨタ・日産・ホンダをはじめとして、世界でも大きなシェアを持つ自動車メーカーが複数存在しており、それらの企業との取引を行うべく、海外の自動車部品メーカーが日本でビジネスを展開するケースが増えているようです。

国内の自動車メーカーとしても、世界各国に製造拠点を持ち、質の高い部品を安定的に供給してくれる外資系自動車部品メーカーと手を組みたいと考える企業は多くあります。

したがって、外資系自動車部品メーカーがこれからますます国内で力を強めていくことは十分に考えられるといえるでしょう。

外資系自動車部品メーカーで求められるスキル

外資系自動車部品メーカーが日本に拠点を置いた場合、各企業は対日本の自動車メーカーといかに円滑な取引を行い、事業を拡大させていくかを重視しています。

そのため、社内ではグローバルなビジネスに携わるなかで、プロジェクトを上手に進めていくリーダーシップや判断力などが強く求められる傾向にあるようです。

また、ビジネス英語などの外国語スキル、文化や習慣の違うビジネスパーソンたちとやりとりするコミュニケーションスキル、プレゼンテーションスキルなども求められます。

就職するには

外資系自動車部品メーカーは、日系のメーカーと比べて、採用についての考え方や働き方などにいくらか違いがあるようです。

まず、日系メーカーのように新卒採用をメインとしていない企業が多く、社員の大半が中途採用者である場合が多くなっています。

したがって、社会人経験やスキルなどがより求められる傾向にあります。一方、学歴や年齢といった応募条件の制約は、日系企業に比べると緩やかな場合が多いようです。

なお、外資系企業では公募を行わず、エージェント経由での応募を前提としていることもあるため、そうしたルートで求人を探していくことも必要になるでしょう。