居酒屋を開業するには

必要な資格や免許は?

居酒屋を開業する場合、「調理師免許」が必要なのではないかと考える人も多いようですが、結論からいうと、この免許を取得する必要はありません。

調理師免許は、あくまでも料理に関する知識や調理のスキルを示すためのものであり、免許がなくても店を出してお客さまに料理を提供することは可能です。

ただし、開業の際には「食品衛生管理者」の講習会を受けて、資格を取得する必要があります。

食品衛生管理者は、飲食店の各店舗に最低一人置くことが義務付けられているものです。

この講習会は各自治体で実施されており、簡単な講習を1日受けることで取得可能です。

また、収容人数が30名以上の店舗を開業する場合には、これに加えて消防署などが実施する講習会を受けて「防火管理者」という資格を得る必要があります。

資金はどれくらい必要か

店を出すには、当然、資金を用意しなくてはなりません。

居酒屋の場合、店の場所や規模によってもだいぶ変わってきますが、最低でも200万円程度、高ければ1000万円以上かける人もいるようです。

できるだけお金をかけたくないという場合には、居抜き物件を利用したり、2階以上の物件を探したりする方法が考えられます。

元々あった厨房設備や内装をある程度利用できれば、それだけでも費用は抑えることができるでしょう。

ただし、立地条件や店内の導線などをよく検討することは不可欠です。

フランチャイズを利用する方法も

飲食業の経験がない人、初めて経営する人などノウハウに不安がある場合、フランチャイズに加盟して、本部のサポートを受けながら開業して店を運営するという方法もあります。

フランチャイズの場合、加盟料やロイヤリティといった費用は発生しますが、看板やブランド力を持った状態で店を出せるなどのメリットがあります。

居酒屋は非常に数が多く、競争が激しいため、とくに個人店であれば「他の店とは違う」と思われるような強みが必要になります。

そこまでの自信がないようであれば、フランチャイズからスタートしてみるのもひとつの手といえるでしょう。