インテリアデザイナーの就職先、活躍の場

インテリアデザイナーの勤務先の種類

インテリアデザイナーにはさまざまな就職先がありますが、大きくは2種類に分けることができます。

ひとつめは、建築設計事務所、空間デザイン事務所、ゼネコン、設計・施工会社、ハウスメーカー、マンションディベロッパー、リフォーム会社など、建設業界の企業です。

ふたつめは、インテリアデザイン事務所や家具メーカーなど、インテリア業界に所属する企業です。

建設業界の企業は、大小さまざまな企業があり、求人数も豊富ですが、インテリア業界の企業は小さな組織が大半で、求人数もさほど多くはありません。

また、それ以外にも、自動車メーカーに勤めて、量産車のインテリアやエクステリアを手掛けたり、不動産会社に所属し、マンションや戸建住宅を購入した人に対してインテリアを提案・販売する人もいます。

同じインテリアデザイナーでも、業務内容は企業によって千差万別ですので、自身の希望に合った就職先を選ぶことが大切です。

インテリアデザイナーの仕事内容

建築設計事務所で働くインテリアデザイナー

建築設計事務所で働くインテリアデザイナーは、個々のインテリア用品をデザインするのではなく、室内空間を総合的にプロデュースすることがおもな仕事です。

家具、什器備品、雑貨類、照明器具などはもちろん、壁紙や床材の選定も併せて行い、たとえば天井に開口部をつくるなど、設計にまで関与することも珍しくありません。

ただ、建築設計事務所は、それぞれに得意とする建物の種類が異なっており、住宅やマンションを手掛ける事務所もあれば、オフィスだけ、商業施設だけに特化した事務所もあります。

また、事務所ごとの特色も大きく違い、美術館をはじめとしてアーティスティックな方面に強みをもつ事務所もあれば、公共施設や病院、介護施設など、実用性や機能性を重視したデザインが得意な事務所もあります。

ハウスメーカーで働くインテリアデザイナー

ハウスメーカーで働くインテリアデザイナーは、自社で販売するブランドの建売住宅・注文住宅のみを手掛けます。

照明やカーテンといったインテリアをコーディネートしたり、たてつけ家具や作り付けの棚の素材・寸法などを選定したり、モデルハウスをつくることもあります。

ただし、マイホームを注文するお客さまが居住空間に求めるものは人それぞれで、癒しや和みを求める人もいれば、家事動線などの使い勝手を重視する人、趣味や嗜好を全面に押し出したい人もいます。

このため、インテリアデザイナーに求められる知識やスキルもさまざまで、安らぎを感じられる色彩学が必要になることもあれば、アメリカンな輸入雑貨に関する知識が必要になることもあります。

高齢者や身体障がい者がいる家庭の場合は、身体が不自由でも使用しやすい「ユニバーサルデザイン」に精通していることが求められることもあります。

さまざまな顧客に対応するには、自身にあまり興味がない分野や、得意でない分野まで、幅広い知識を身につけていかなければならないでしょう。

インテリアデザイン事務所で働くインテリアデザイナー

インテリアデザイン事務所は小規模なところが大半であり、待遇面についても、最初は見習いとしてアルバイトからスタートするなど、さほど恵まれていないケースが目立ちます。

その反面、デザイン事務所での仕事は、建設業界の企業よりも多彩で、自由度も高い傾向にあります。

家具や雑貨のデザインはもちろん、美術館の展示や商業施設のイベントを企画したり、ショップやショールームをプロデュースしたりと、さまざまな案件を手掛けることが可能です。

自身のデザインセンスが仕事の出来に直結しますので、非常に重い責任がのしかかりますが、芸術性や感性で勝負したいという人にとっては、デザイン事務所はうってつけの職場といえます。

独立して働くインテリアデザイナー

いずれかの企業に所属し、ある程度のキャリアを積んだ後には、独立して働くインテリアデザイナーも一部います。

個人でフリーランスとして仕事を請け負うスタイルもあれば、デザイン事務所を立ち上げるスタイルもありますが、どちらの場合でも重要になるのはコネクションです。

勤務時代以上に、ひとつひとつのクライアントに丁寧に対応し、締切を厳守するのはもちろん、きっちりとオファー通りに仕事を仕上げて、信頼関係を構築していくことが大切です。

ただし、業界全体で、キャリアを積んだ熟練のデザイナーは不足気味ですので、独立前にしっかりとパイプづくりに励んでおけば、安定的に依頼を獲得することも決して困難ではないでしょう。