仕事人インタビュー

お休みの日やオフの時間は、どのようにリフレッシュしていますか?

料理や音楽、ものづくりが好きです。スキューバダイビングをやることもあるので、インドアもアウトドアも楽しんでいます。

そういえば最近ドローンを買ったのですが、都内ではなかなか飛ばせないので、関東近郊に出かけたりもしています。

好奇心はかなり旺盛なほうかもしれません。興味を持ったらどこまでも追っていきたいタイプです。

nawaさんが働くうえで、大事にしていることはありますか?

いろいろなものに興味を持って、よく見ることは、デザイナーにとってものすごく大事なことではないかと考えています。

それと、この仕事をしていると普段からいろいろなデザインを意識的に見るようになりますが、自分がいいと思うデザインはもちろん、好きじゃないと思うデザインに遭遇したときにも、それについて深く考えてみることは意識しています。

それがどういう風につくられているのかとか、安っぽく見えないようにするにはどうすればいいのかとか、気になったことはとことん突き詰めて考えます。

こういうものの見方は職業病なのかもしれません。

将来の夢はありますか?

普段、ずっと人のものをつくっているので、ゆくゆくは自分のものもつくってみたいです。

時間があるときに自分が住んでみたい「理想の家」をスケッチしたりしているので、いつか自分自身の家を手掛けてみたいですね。

最後に、インテリアデザイナーという職業に興味を持っている人に向けてメッセージをください。

ものづくりに関わっていくのであれば、「オリジナリティ」と「こだわり」を持っていくことが大事だと思います。

若いうちから色々なものに触れて自分の引き出しを増やしながら、少しずつ自分のスタイルを身につけられるように心がけておくといいと思います。

それと、僕は自分を幸せにするのは自分だと考えています。

デザイナーは、ものづくりを通して人を喜ばせる仕事なので、まず自分が幸せでいられるように、毎日を楽しく過ごすための方法を自分で見つけてみてください。