女性のインテリアプランナー

インテリアコーディネーターよりも専門的

インテリア業界で働く女性は増えていますが、インテリア関連の資格のなかでは、インテリアプランナーはやや難易度が高めとされています。

それというのも、インテリアプランナーは室内インテリアのコーディネートだけでなく、オフィス、公共施設、店舗といった多様な建築物に携わり、その企画、設計、工事監理までを担っていく専門職だからです。

そこではインテリアのみならず、建築や製図の知識も求められますし、現場を監理していくマネジメントスキルなども必要となってきます。

インテリアコーディネーターは、合格者の大半が女性とされていますが、それに比べるとインテリアプランナーにまで挑戦する女性はそこまで多くはないようです。

建築業界で活躍する女性も増加

しかし、インテリアプランナーも、近年は女性の合格者が増加傾向にあるといわれています。

インテリアプランナーは建築業界からのニーズも高く、この資格を生かし建築業界の第一線で活躍する女性が増えているようです。

建築士の資格を併せて取得すれば仕事の幅はさらに広がりますし、建築業界はまだまだ人手不足といわれているため、手に職をつけて働きたいと考える女性にとってもチャンスは存分にあるといえるでしょう。

女性の強みも生かせる

インテリアプランナーは、依頼主の理想やニーズを正確にくみ取ったうえで、幅広い専門的な知識をもってインテリアをトータル的に提案していきます。

お客さまはもちろん男性だけでなく女性も多くいますし、とくに住宅の場合、女性のほうがインテリアにこだわりを持っていることもしばしばあります。

そんなとき、女性目線での提案ができたり、柔軟な発想力や独自のセンスを発揮できれば、かなりの強みとなるでしょう。

また、力をつければゆくゆくは独立して働くことも可能です。

自身のキャリアプランに沿って、多様な働き方が実現できる魅力ある仕事といえるでしょう。