インフラエンジニアの求人状況・就職先の探し方

インフラエンジニアの就職先にはどんなところがある?

インフラエンジニアの就職先は、SIerが多く、システム開発会社やネットワーク構築企業などが続きます。

また、レンタルサーバー会社や携帯電話などの基地局、エンジニア派遣を行うSES会社などでは、オンプレミスの作業が欠かせないためインフラエンジニアが多く活躍しています。

多くの場合、最初からインフラ全体を任されることはなく、ネットワークやサーバー、データベースなど、特定の範囲で一部の作業や運用・保守などから始めます。

大手の企業の場合、作業は担当せずに案件の管理を主に担当するケースもあります。

は非ITの企業でインフラエンジニアを雇用するケースは少ないですが、クラウドの技術を持つエンジニアへの需要は高まっています。

インフラエンジニアの求人の状況

インフラエンジニアという名称での求人は減りつつあります。

しかし、ITインフラを構築する役割で「クラウドエンジニア」「ネットワークエンジニア」「ITアーキテクト」などの名称での募集は多く、仕事の需要そのものは旺盛といっていいでしょう。

現場によって求められるスキルが異なるため、自分のスキルに合った業務内容かよく確認する必要があります。

インフラエンジニアの求人は、正社員や派遣社員の募集が多く、アルバイトはほとんど見られません。

勤務地は都市圏を中心に募集が行われていますが、実際の勤務地は異なる場合もあるため注意が必要です。

また、Web系システムを扱う企業のインフラエンジニアは、働きやすく募集が多い反面、給与はオンプレミスを扱う企業のエンジニアより低い傾向があります。

インフラエンジニアの就職先の選び方

自社インフラか他社インフラかで選ぶ

インフラエンジニアの就職先を選ぶときは、自社のインフラを扱うのか、他社のインフラを扱うのかをよく確認しましょう。

自社インフラを扱う場合、どのようなサービスを利用・運営している企業なのかを確認しておいた方がよいでしょう。

基本的に利用者が多いシステムや、売上に重大な影響を与えるシステムのインフラに関わっていなければ、給与や待遇の向上を見込めず、社員数によっては出世も難しくなります。

他社のインフラの構築や運用に携わる場合は、取引先や売上高などを確認しておきましょう。

企業の得意分野で選ぶ

ITインフラはオンプレミスで構築する場合と、インターネット上のクラウドに構築する場合に分かれ、各企業は得意分野をもっています。

オンプレミスは作業に時間もかかり、運用や監視も大変ではありますが、会社の売上なども高くなる傾向があり、給与なども高めです。

クラウドはオフィスからほぼ全てのインフラ構築・運用作業を行うことが可能ですが、小規模な案件も多く、必要コストが低いことから売上になりにくく、給与なども低く抑えられます。

一長一短がありますので、自分の希望する方向性と、企業の得意分野をよく比較しながら進路を考えましょう。

上流工程に関わる機会の有無で選ぶ

インフラエンジニアの中でも、上流工程でインフラの要件定義や設計を行う人もいれば、現場での機器の組み立てやクラウドの設定に携わる人に分かれます。

基本的に上流工程はスキルと実績のある人が担当するため、インフラエンジニアとしてキャリアを積みたい人は将来的に上流工程も担当できる企業を探しましょう。

上流に携わらない企業の場合は、現場での運用や構築作業が中心になるため、書類仕事よりも実際の現場が好きという人に向いています。

インフラエンジニアの志望動機・面接

ITインフラはライフラインと同様に社会の維持に大切で、その仕組みに関心をもっていたり、地震や台風といった災害の体験から価値を感じたりして、仕事にしたいと考える人が多いです。

インフラの構築は重要な仕事であり、作業者にはスキルだけでなく責任感も求められます。

志望動機は責任感や貢献意欲をアピールするような内容を心がけ、自己中心的な主張は避けましょう。

面接では、マナーや身だしなみなど第一印象に気をつけ、独自のアピールや専門知識の披露よりも、わかりやすい理路整然とした受け答えを意識した方が好印象です。

責任感があり、信頼できるという印象を与えるように意識することが大切です。

インフラエンジニアの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

求人サイトからの就職が一般的

インフラエンジニアの就職先探しは、求人サイトの求人から応募するのが一般的です。

都市圏では、インフラエンジニアの募集は多く、勤務地や待遇など条件が合うところを探すのも難しくありません。

逆に、地方ではインフラエンジニアを対象にした求人が少ない傾向です。

スキルのある人は人材会社からの就職がおすすめ

ある程度インフラエンジニアとしてのスキルがある人は、人材会社に登録し、エージェントに就職先の候補を探してもらうとよいでしょう。

自分の希望する働き方や、スキル、業務内容に合った企業を探して紹介してくれますし、条件交渉も代行してくれるので、好条件での就職がしやすいです。

IT系や地域事情に詳しい人材会社なら、一般に公開されていない、優良な紹介先を持っていることも多く頼りになります。

スキルに自信のない人は派遣会社がよい

まだインフラエンジニアとしてのスキルに自信のない人は、派遣会社を利用してさまざまな現場を経験するとよいでしょう。

派遣会社では、派遣登録をしておけば、派遣会社が派遣先の企業を探してくれます。

その際に、細かく業務内容を確認・調整してくれるので、自分のスキルから大幅に外れた仕事を要求されることはありません。

スキルアップのための研修や、学習の補助制度がある派遣会社も多く、働きながら学び、正規雇用を目指すことも可能です。

インフラエンジニアを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やインフラエンジニアを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost