品質管理の種類(組織・企業の種類による違い)

大手企業

品質管理は、おもに製造業の企業に置かれる職種です。

食品、医薬品、化粧品、自動車、化学、繊維といったさまざまな種類のメーカーで活躍することができ、組織の規模が大きくなればなるほど、品質管理に携わる人の数も増える傾向にあるといえるでしょう。

また、海外にも生産拠点を持っていたり、海外向けの製品まで製造する企業になると、求められるスキルや知識はさらに幅広いものとなります。

大手企業では組織体制も確立しており、たくさんの人が働いていても、個人の役割や業務範囲が明確化されていることが多いでしょう。

なお、近年は大手企業における重大な品質問題が社会問題として取り上げられるケースが目立っていることから、以前にも増して徹底した品質管理体制を整える会社が増しているようです。

品質管理業務の経験者で、転職経験のある人も少なくないようです。

中小企業

製造業の会社は中小規模のところもたくさんあり、その大半の会社で品質管理担当が求められています。

そのなかには、最終的な製品をつくるだけでなく、製品の基となる部品や材料を製造するような会社も含まれます。

品質管理と近しい職種に「品質保証」という職種がありますが、中小企業の場合、品質保証と品質管理のがひとつの部署にまとめられているケースもしばしば見受けられます。

そのようななかでも、分業のスタイルが確立しており個人の担当業務が限られていることもあれば、品質管理から品質保証の幅広い仕事に携わるようなこともあるようです。

ひとくちに品質管理といっても、会社によって仕事の流れや、扱う製品とそれに基づく品質管理で求められる知識は大きく異なる場合があります。

最近では中小企業の工場でも残業時間を減らす取り組みが積極的に行われているようですが、なかには勤怠管理がきちんとされておらず、過酷な労働環境で働いている人もいるといわれます。

就職・転職の際には、現場の様子をできるだけ確認しておくとよいでしょう。