品質管理の勤務時間・休日・残業

勤務時間

品質管理は、工場など製造現場での勤務をすることが多い職種です。

勤務時間は、早ければ朝の8時頃が始業時間となり、1日の所定労働時間は7.5時間~8時間程度が一般的です。

朝が早ければ終業時間は17時くらいになることもあり、オフィスワークの仕事に比べてやや前倒しの勤務時間になることが多いでしょう。

なお、品質管理担当は日中の勤務が基本ですが、まれに夜勤を含めたシフト制勤務の職場もあるようです。

また、より柔軟性のある勤務体系にするために、フレックス制を導入しているところもあります。

休日・休暇

品質管理の休日は、土・日・祝日が休みの「完全週休2日制」のところが多いようです。

しかし、メーカーの工場では、その工場独自のカレンダーが設定されており、その内容に基づいて勤務をすることもあります。

また、土曜日は隔週勤務になる工場もあるようです。

納期繁忙時やトラブル発生時は休日出勤もやむをえませんが、普段は予定通り休める職場が多いでしょう。

お盆や年末年始などに工場が稼働しない時は、品質管理担当者も比較的長めの連休がとりやすいようです。

有給休暇の取得状況は職場によってだいぶ変わってくるため、気になる人は事前に確認しておくとよいでしょう。

残業は多い?

品質管理の残業時間は、会社や勤務先によってだいぶ異なるようです。

「定時退社」を基本としており、月の残業時間が10時間~20時間以内などほとんどないところもある一方、人手不足で一人あたりの業務範囲が広い場合など、やや多めの残業時間になっているところもあるといわれています。

もし生産ラインに突発的なトラブルが発生したり、重大な不具合などが発生すれば急な残業をして対応しなくてはならないこともありますが、普段は計画的に仕事を進めていけるでしょう。

働き方改革の一環により、ノー残業デーの設置や、残業時間削減に力を入れる会社も増えています。