品質保証の社内での位置づけ、役割

ものづくりの工程全体の品質を守る

製造業の企業では、社内のどこかに「品質保証部門」が置かれているのが一般的です。

これは、品質保証部門が独立して存在することもあれば、「品質管理部門」といった名称で、品質管理の仕事とあわせて品質保証の仕事が行われることもあります。

会社によって、品質保証の社内での位置づけは多少変わってきますが、おもな仕事内容は「生産や品質に関する工程表の作成」「製品の検査・実験・評価」「不具合の傾向分析」「取引先の監査、指導」「出荷後の顧客対応(クレーム対応など)」多岐にわたっています。

一般的に、製品の設計段階から製造、量産、そして出荷後まで、あらゆる工程における「品質保証」を担当することになります。

本社にも品質保証が置かれる場合

また、工場に品質保証を置き、さらに本社にも品質保証が置かれていることもあります。

その場合、工場ではそこで生み出した製品そのものの検査や監査などに携わり、本社ではより広い視点で、品質保証に関する各種方針の策定・共有や、発生した品質不具合の事例を検討するといった業務が行われることが多いようです。

さらに、海外にも工場などの生産拠点を置く会社であれば、各工場での品質管理体制の構築や検査・評価業務などにも携わります。

工場全体の管理に携わることも

品質保証の位置づけや役割は会社によって異なりますが、なかには工場全体の管理面に携わる職場もあるようです。

現場の一部分だけに関わるのではなく、幅広くものづくりに携わっていくことが特徴であり、生産部門や製造部門など他部門との連携も密にとることが求められてきます。

「品質管理」という似た職種もありますが、品質管理が生産した製品を管理するのに対し、品質保証は設計段階から不具合を出さないためのしくみを作ったり、部品の購入先となる業者の管理や監査を行ったりと、より広い役割を担うことが特徴です。