品質保証担当の資格、スキル

資格は求められないことが多い

品質保証担当として働くうえで、何か特別な資格が求められることはあまり多くありません。

前提条件として、大学などにおける理系分野(理学系、化学系、電気電子系、機械工学系など)で学んできた知識が必要とされることもありますが、学校で品質保証そのものについて深く学べることはめったにありません。

したがって、業務上で必要となってくる知識やスキルは、入社後に身につけていけることがほとんどです。

また、会社独自で業務関連の資格を定めている場合がありますが、公的なものなどで、品質保証そのものに関連する資格のようなものもとくにありません。

品質管理検定(QC検定)について

品質保証と近しい職種に「品質管理」というものがあります。

会社によって、品質保証と品質管理が同じ部門にまとめられていることもあれば、別々に存在することもありますが、一般に、品質保証は製品やサービスの質が基準に達しているか確認し、品質管理は品質が悪いものを作らないように製造方法などを見直して改善する仕事となっています。

この品質管理には「品質管理検定(QC検定)」という資格が存在し、これを取得することで品質管理の一定の知識を有し、それを適切に行えることを示すことができます。

なお、資格のレベルは上から「1級/準1級」「2級」「3級」「4級」の4つの級に分かれています。

資格は取得すべき?

先に述べた通り、一般に品質保証の仕事ではとくに資格が求められず、業務を進めるなかで着実にスキルを身につけていけば問題ないでしょう。

しかし、中小企業では品質保証と品質管理の部門がそれぞれ独立しておらず、担当者には両方にまたがる仕事を任されることもあります。

その場合には、品質管理に関する基礎的な用語や専門用語、手法など、品質管理検定の取得を目指して得た知識が役立つはずです。

「品質」のエキスパートとして転職を目指す場合にも、資格があれば有利になることがあるでしょう。