品質保証の勤務時間・休日・残業

勤務時間

品質保証の仕事では、工場に勤務する場合と、本社に勤務する場合があります。

勤務時間は各会社の就業規則に沿ったものとなりますが、工場の大半では8:00~17:00くらいと、朝がやや早めになっていることが目立ちます。

一方、本社では9:00~18:00くらいの勤務時間が一般的とされ、管理部門や営業部門など他職種の社員と同じような時間帯に働くことになるでしょう。

いずれの場合にも、たいていは日中の勤務を行うことが多いですが、一部の会社では夜勤を含めたシフト制の勤務体系となっていることがあります。

また、フレックスタイムを導入している職場もあります。

休日

品質保証部門の休日は、土・日・祝日が休みの「完全週休2日制」の場合が多いようです。

しかし、工場勤務となる場合には、世間のカレンダーとは異なる会社の工場独自のカレンダーが設定されており、その内容に基づいた休日になることがあります。

また、土日が休みである場合も隔週で土曜日は出勤になるようなケースもあり、勤務先によって事情が異なるといえるでしょう。

普段は忙しく働いていても、ゴールデンウィーク休暇や夏季休暇や年末年始休暇などで連休は比較的取りやすいようです。

残業はどれくらい?

品質保証の仕事における残業状況は勤務先によっても異なりますが、重大なクレームや急な製品不具合が発生しない限りは、残業時間がそこまで多くなることはないようです。

しかし、ひとたびトラブルが発生すると、その問題の原因解明や分析、改善策の検討のためのミーティングや資料作成などが続き、夜遅くまで残って対応しなくてはならないこともあります。

他の仕事と比べて、残業時間がとび抜けて多いとされる仕事ではありませんが、その時々の状況によって残業状況は変わってくるといえるでしょう。

全体的には、残業時間削減の動きが進んでおり、定時退社日が設定されている職場もあります。