俳優・女優に身長・スタイルの良さは必要?

俳優女優の身長・スタイル

高身長でスタイルのよい俳優・女優

俳優や女優に「身長が高くて細身でスラッとしている」というイメージを持つ人も多いでしょう。

たしかに、俳優・女優の中にはファッションモデル出身の人も多く、スタイルが良い人は珍しくありません。

また、特撮やアクション映画など身体を大きく動かす演技をする場合は、手足が長ければよりダイナミックに見えるため、身長が高い人が選ばれやすいというように活躍のチャンスが増えることはあります。

モデル体型である必要はない

しかし、必ずしもそのようなモデル体型でなければいけないのかというと、決してそういうわけではありません。

映画やテレビ番組では、「身長の低い男の子」や「太めの女の子」など、さまざまな設定の人物が登場します。

とくにその他大勢の登場人物の場合は、目立ちすぎず周囲に溶け込める、ごくごく一般的なルックスが必要な場合もあるのです。

また、身長が低かったり童顔であったりする場合も、実際の年齢とは関係なく学生役を演じられたり、ユニセックスな役を演じられたりなど、高身長でスタイルの良い役者とはまた違ったイメージで活躍することができます。

ただし、「身長が低すぎる」「身長が高すぎる」「太りすぎている」「痩せすぎている」など、あまりにも特徴的なスタイルの場合は、演じられる役が限られたり、衣装の選択肢が狭まったりするという現実はあります。

理想のスタイルを求めて

俳優や女優を続けるためには、自分の身長や体重をある程度自由自在にコントロールできることが求められます。

映画や連続ドラマでは、ひとつの作品を撮り終えるまでに何ヶ月もの撮影期間が必要になります。

この間に太ったり痩せたりしてしまうとシーンがつながらなくなってしまうため、同じスタイルを維持することが絶対条件となります。

また、役作りのために、あえて太ったり痩せたりしてから撮影に挑むことがあります。

演じる役柄に合わせて自分のプロポーションを変えるのはとても大変なことですが、プロの俳優や女優は、徹底した食事管理や運動で撮影スタートまでにスタイルを整えるのです。

このように、俳優や女優として活躍するためには、常に飲食や運動の量に気をつかい、ストイックに体重を管理することが大切なのです。

食べたいものを食べられない、飲みたいお酒を飲めないということもよくあることなので、自分に厳しくできる人でなければ、務まらない仕事といえます。

大切なのは演技力

身長やスタイルよりも、俳優・女優として大切なのは演技力です。

もちろん身長が高くスタイルが良ければ、観客の目を引きますし見栄えも良くなります。

ただし、セリフ回しや身のこなしなど、演技力によって存在感を出すことは十分可能です。

身長が低い、スタイルが良くないからと言って俳優・女優の夢をあきらめてしまうのは時期尚早と言えるでしょう。