俳優・女優としてスカウトされることはある?

俳優女優のスカウト

街中でのスカウトはあまりない

スカウトというと、原宿や渋谷、表参道などでモデルやアイドルがスカウトされるというイメージを持つ人もいるでしょう。

ただし俳優・女優のスカウトは、モデルのようにあまり路上で行われていることはあまりありません。

まれに、容姿が端麗でスカウトマンがスカウトをするという状況もありますが、それほど多い話ではありません。

劇場でのスカウト

役者にとってのスカウトとは、芝居・ドラマ・映画などの作品自体を見たスカウトマンや作品制作者が、役者に声をかけることが一般的です。

小劇場の役者にアンテナを張っているという映画監督は、足しげく劇場に通い、世間的にはまだ認知度の低い役者でも、「自身の次回作で使いたい!」と思えば、その役者に声をかけるといいます。

オーディションでのスカウト

俳優・女優としてオーディションを受けた際、落選だったとしても後から声を掛けられることは少なくありません。

今回の役には合格できなくても、演技力やスタイルが目に留まったり、ほかのドラマで使いたいと思われたりすると、直接スタッフや事務所から声を掛けられることもあります。

スカウトをきっかけに

自ら率先して、さまざまなオーディションを受け、役をもらい、徐々に有名になってゆく役者もいますが、現在活躍中の俳優・女優のなかには、劇場でスカウトをされてから認知度を得た方々もたくさんいます。

新しい役者や売れそうな役者を探しているテレビドラマの制作者は、良い人材を見つけたり、人づてに良い役者がいるということを聞きつけたりすると、劇場に足を運びます。

実際に演技を見て目に留まると思った場合「ドラマのオーディションを受けてみないか?」とその役者に声をかけることもあります。

声をかけられた役者は、自身が所属している小劇団の知名度を上げるため、自身が広告塔となり、メディアに率先して顔を売ります。

そして自分の劇団には他にも芝居が上手い役者や、おもしろい役者がいることを制作者に売り込んでいくのです。

そうして紹介された役者が新たにキャスティングされていけば、劇団の知名度を上げることができますし、テレビ制作サイドも新しい役者を発掘することができ、双方にメリットがあるのです。

悪徳業者に注意

ドラマ・映画・芝居の制作者からスカウトされたときは、そのチャンスを生かさない手はありません。

しかしスカウトに応えるか、という点には気をつけた方がよいでしょう。

役者として勉強できるチャンスなのか、自分が目指す芝居とあまりにもかけ離れていないか、このチャンスをものにすべきかどうか、は慎重に考えた方がいいでしょう。

また、身分証明をしなかったり、謝礼を出させたりするような悪徳なスカウトマンには注意が必要です。

特に女性の場合はアダルト系のスカウトが紛れ込んでいる可能性が非常に高いため、悪徳業者の被害に合わないよう、しっかりと見極めることが必要です。