俳優・女優の晴れ舞台・賞

それぞれの目指す晴れ舞台へ

俳優や女優と一口に言っても、仕事の中身はさまざまであり、それぞれのめざすゴールは異なります。

舞台女優として活躍することを望むのであれば、有名な劇団に入り、名のある舞台監督や演出家のもとで公演を行うことが一つの目標です。

テレビドラマで活躍することを望むのであれば、いわゆるゴールデンタイムに放送されるような人気ドラマで主役を演じることを目標に掲げる人が多いようです。

とくに民放の「月9」と呼ばれる月曜9時の連続ドラマ枠や、NHKの「朝ドラ」「大河ドラマ」は幅広い世代から注目を集める放送枠として知られています。

映画での活躍をめざしている人もいます。映画の場合は、日本国内の作品のみならず、海外の作品に出演することで、よりグローバルに活躍することが可能です。

最近ではハリウッド映画にも日本人が多数出演しており、とくに俳優の渡辺謙さんや真田広之さん、女優の菊池凛子さんなどが役者として世界的な評価を受けています。

また、テレビや映画で知名度を上げた人が、CMに出演することも多いようです。人気が出れば出るほど一本あたりの出演料が高くなっていくのが一般的です。

注目集めるアカデミー賞

俳優や女優としての人生を歩む上では、さまざまな賞を受賞する機会があります。

とくに有名なのは、アメリカの「アカデミー賞」や、その日本版の「日本アカデミー賞」でしょう。

この賞は「監督賞」や「脚本賞」のように制作スタッフに贈られるものもあれば、「主演男優賞」「主演女優賞」「助演男優賞」「助演女優賞」のように俳優や女優個人に贈られるものもあります。

毎年授賞式にはたくさんのマスコミが押し寄せ、受賞者は大々的に報道されることになります。

このような賞を獲得することで注目を集めたことが次の作品への出演依頼につながることが多く、俳優や女優を続ける上でも大きな名誉となることは間違いないでしょう。