グラフィックデザイナーを目指す人におすすめの資格は?

グラフィックデザイナーは資格や免許が必要なく、実力やセンス・実績が重視される職業です。

就職の際には、資格取得をしておくと、デザインが好き・この仕事に真剣に取り組みたいというやる気をアピールできるでしょう。

また自分のスキルを知るためにも、デザイン系の専門学校や美術大学では資格の取得を推奨しているところもあります。

この記事では、グラフィックデザイナーを目指す人におすすめの資格について解説します。

グラフィックデザイナーにおすすめの資格は?

グラフィックデザイナーは資格や免許が必要ない職種であり、それよりも実力やセンス、実績が重視されます。

ただし新卒の場合は、採用には

  • ポートフォリオ(作品集)
  • やる気

が大きな判断基準になります。

資格を取得していると、企業の採用担当者に

  • デザインが好き
  • この仕事に真剣に取り組みたい

というやる気をアピールできるでしょう。

デザイン系の専門学校や美術大学では資格の取得を推奨していますが、就職の際に有利になるというよりは自分のスキルのレベルを知るため、力試しのために採用していると考えられます。

グラフィックデザイナーの資格の種類は?

グラフィックデザイナーやアートディレクターに関連する民間資格はいくつかあり、AdobeやPhotoshopやIllustratorなどソフトに関するものから、デザインに関するものまでさまざまです。

ただし取得しているからといって就職や転職に特別有利になるものではなく、自分のスキルや知識レベルがどのくらいであるかを客観的に知る目的として使われることが多いようです。

グラフィックデザイナーの資格の種類
  • Adobe認定エキスパート
  • Photoshopクリエイター/Illustratorクリエイター能力認定試験
  • DTPエキスパート認証試験
  • 色彩検定

Adobe認定エキスパート

Adobe社が認定する資格です。

IllustratorやPhotoshopなど、同社のソフトウェア製品について専門的な知識と技能をもつことを証明します。

IllustratorやPhotoshopはグラフィックデザイナーにとって必須ソフトのため、力試しに資格を取得する人も多いようです。

Photoshopクリエイター/Illustratorクリエイター能力認定試験

デザインや印刷の業界において標準アプリケーションソフトとなっているAdobe社のPhotoshop、Illustratorを活用する能力を測定する、サーティファイ主催の試験です。

Photoshopクリエイター/Illustratorクリエイター能力認定試験は、

  • オペレーターやアシスタントレベルの「スタンダード」
  • デザイナーやクリエイターレベルの「エキスパート」

の2階級が設けられ、グラフィックデザイナーは「エキスパート」の資格取得を目指すことが多いです。

DTPエキスパート認証試験

公益社団法人 日本印刷技術協会による認証制度です。

DTPとは「Desktop Publishing(デスクトップパブリッシング)」のことで、

  • 原稿作成
  • 編集
  • デザイン
  • レイアウト

などの作業をパソコンで行い、データを印刷所に持ち込んで出版することで、日本語では「机上出版」「卓上出版」ともよばれます。

その業務に関する総合知識を持った「印刷メディア設計のスーパーバイザー」を認証するための資格で、グラフィックデザイナーをはじめとした印刷ビジネスに関わるさまざまな人向けの資格です。

資格取得後は、認証継続のため、2年に一度更新試験があります。

色彩検定

色に関する幅広い知識や技能を問い、色彩活用能力を証明できる公益社団法人 色彩検定協会による文部科学省認定の検定です。

その程度や難易度から

  • 3級
  • 2級
  • 1級

が設定されています。

また、試験内容では

  • 色彩に関する基礎知識
  • インテリアや色彩環境
  • ユニバーサルデザイン

など色彩に関する幅広い知識が問われるため、グラフィックデザイナーにも十分役立つ資格です。

グラフィックデザイナーのおすすめの資格は? のまとめ

グラフィックデザイナーにおすすめの資格はあまりなく、それよりも実力やセンス・実績が重視されます。

ただし新卒の場合は、採用にはポートフォリオ(作品集)・やる気が大きな判断基準になります。

グラフィックデザイナーの資格の種類には、Adobe認定エキスパート・Photoshopクリエイター/Illustratorクリエイター能力認定試験・DTPエキスパート認証試験・色彩検定があります。

ただし取得しているからといって就職や転職に特別有利になるものではなく、自分のスキルや知識レベルがどのくらいであるかを客観的に知る目的として使われることが多いようです。