ゲームクリエイター田部井 弘貴さん

1992年2月5日、栃木県生まれ、神奈川県育ち。中学2年生でゲーム業界へ進むことを決め、高校卒業後、HAL東京 ゲーム4年制学科 ゲーム制作コースへ進学。2014年4月、株式会社スクウェア・エニックス入社。第1ビジネス・ディビジョン所属(2018年7月現在)。

HP:株式会社スクウェア・エニックス

高校時代までに勉強することで、力を入れておいたほうがいいことはありますか?

ゲームプログラミングに触れるのであれば、高校の数学はきちんとやっておいたほうがいいと思います。

三角関数や微分積分の知識が必要になってくるので、僕は専門学校に入ってから必死で勉強し直しました。

あと、プランナー志望なら、自分の好きなゲームで良いので、なぜそのゲームが面白いのかを、論理的に説明できるようになれると良いかと思います。

田部井さんの夢・目標を教えてください。


社内でのキャリアアップという点では、ディレクターを目指していこうと考えています。

ディレクターは作品の「キモ」になる部分や、全体の方針を決める人。プランナーよりも、さらに上の視点からゲームの企画に取り組んでいくことができます。

もっと大きな話になると、業界用語で「IP」といわれるのですが、新しいブランドを作りたいと思っています。

たとえば弊社だったら『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』のような、たくさんの人に親しまれているブランド。そういうものを作りたいです。

最近は『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』ほどの影響力のあるブランドが生まれていない気がするので、僕ら若いクリエイターたちがもっと頑張っていかなくてはと思っています。

最近のゲーム業界の変化をどう感じていますか?

現代は子どもたちもスマートフォンを買い与えられて、無料で手軽にいろいろなアプリゲームに触れられる機会が増えている一方、技術の発展によって複雑なゲームも増えていますよね。

AR、VRなどが分りやすい例ですが、新しい技術が次々と出てきていますし、今後もハードの発展によってゲーム制作のあり方も変わってくるでしょう。

僕自身、新しい技術に興味はあるのですが、やはり普及していかなければ売れないので、まだゲームには使えない技術もたくさんあると思います。

いつゲーム制作の変化が来るか分らないので、新しい技術については勉強するようにしています。

最後に、ゲームプランナーを目指す人に向けてメッセージをお願いします。

僕自身、高校生のときはゲーム業界のことを何もわかっていませんでしたが、それでもその先にしっかりと勉強した結果、こうして働けています。

なので、今この記事を高校生くらいの皆さんが読んでくれているとしたら、将来ゲーム業界で働ける可能性は十分にあると思います。

本当にゲームの仕事がしたければ、ゲーム関係のイベントなど知らない場所にもどんどん突撃してください。そこで実際にゲームを作っている人に話を聞いたり、同じ目標をもつ友人を増やしたりしてください。

そして、自分がやりたい仕事が何なのかを明確にして、がむしゃらに勉強すれば、きっとその目標を達成できると思います。