ゲームプロデューサーになるための学校(大学、専門学校、スクール)

ゲームプロデューサーになるために、絶対に通わなくてはならない学校やスクールはありません。

ゲーム制作の現場を覗いてみても、さまざまな学校を出てゲームプロデューサーになっている人たちがいますし、ゲームとまったく関係のない勉強をしてきた人でも、本人の努力によってゲームプロデューサーになることは不可能ではありません。

ゲームプロデューサーになるにはさまざまな方法があることを頭に置いていただいたうえで、ここではゲームプロデューサーの仕事に関連するおもな学校・スクールの種類について紹介します。

大学

将来ゲームプロデューサーを目指す人が大学に進学するのであれば、理工系学部で情報工学を学んだり、芸術・美術系大学でCGグラフィックを学ぶといった道が考えられます。

ゲーム業界への就職希望者は専門学校で学ぶ人が多いようですが、一部の大手ゲームメーカーでは、ゲームディレクターやゲームプランナーなどの「企画職」を目指す場合は、大卒以上の学歴が求められることがあります。

ゲームプランナーの仕事
ゲームディレクターの仕事

また、企画職ではより広い視野やマーケティング力が重視されるために、大学を出ていると有利になることがあるという声も聞かれます。

なお、ゲームとは直接的には関係のない、商学部、経営学部などでビジネスの基礎的な知識を身につけてから就職する人もいるようです。

専門学校

ゲームクリエイター志望者向けの専門学校は、全国に複数存在します。

学校によってカリキュラムは異なりますが、「ゲームプログラマーコース」「ゲームプランナーコース」「サウンドクリエイター学科」といったように、目指す職種別にコース・学科が置かれている学校が多いようです。

ゲームプログラマーの仕事
サウンドクリエイターの仕事

ゲームプロデューサーは、一般的にはゲームプランナーやゲームディレクターなどの企画職を経てステップアップしていく人が多いとされますが、ゲームプログラマーなどの開発職からプロデューサーになることも不可能ではありません。

専門学校で2年~3年程度みっちりと学び、いち早く現場に出て、ステップアップを目指すのもひとつの道でしょう。

何よりもまずは現場でゲーム制作の全体像を知ることが重要であるため、自身がより力を入れて学びたい内容を考えたうえで、どのようなコースに進学するか決定することをおすすめします。

卒業生がどのような進路に進んでいるかも調べてみると、より自分に合った学校を選べるでしょう。

スクール

このほか、プログラミングスクールに通ってゲームプログラマーとして就職をし、ゲーム業界でスキルアップしていく道もあります。

最初はいち開発スタッフとしての立場でも、めきめきと力をつけて存在感を示していけば、重要なポジションへ抜擢されるチャンスも掴めるでしょう。

ゲーム業界で働くとなれば、どのような学校に通うかということも大事ですが、それ以上に本人の熱意や努力がモノをいうことは間違いありません。