ゲームプランナーの志望動機、面接、自己PR

志望動機の考え方は?

ゲーム業界は昔から学生の就職先として人気が高く、とくにヒット作を生み出すきっかけとなるゲームプランナーになりたいと考える人は多いようです。

しかし、大手のゲームメーカーであってもゲームプランナーの採用人数はあまり多くないため、就職試験はかなりの高倍率になることがあります。

ゲームプランナーの志望動機を考える際には、まずゲーム業界を志望する理由をまとめていく必要がありますが、ただ「ゲームが好き」というところからさらに一歩、二歩踏み込んだ内容にしていくことが重要です。

たとえば、これまでのゲームと自分の関わり方を振り返り、実体験に基づく思いを伝えるのもよいでしょう。

さらに、ゲーム業界にもたくさんの職種があるなかで、ゲームプランナーという職種に就きたい理由と、志望先の企業で働きたい理由のどちらも伝えるようにする必要があります。

ゲームプランナーの面接内容は?

ゲームプランナーに求められるのは、何よりもコミュニケーション能力だといわれています。

ゲームプランナーは、多くのスタッフが関わるゲーム制作の現場において、双方の橋渡し役や潤滑油的な役割を担うことになります。

さまざまな立場の人とうまく会話でき、現場をリードしながらまとめていけるようなプランナーがいると、それだけでプロジェクトがスムーズに動くことも多いです。

ゲーム制作の知識や技術があればプラスの評価がもらえますが、いくらゲームに詳しくてもコミュニケーション能力が不足していると判断された場合、不合格になってしまうこともあります。

その点に気を付けながら面接に臨むとよいでしょう。

自己PRも重要な要素に

ゲームプランナーの採用試験では、企画書や作品集(ポートフォリオ)の提出が求められることがあります。

それらはゲーム制作に対する意欲を伝える材料になると同時に、自分らしさを発揮できる自己PRのひとつと考えておくとよいでしょう。

自己PRでは、自分の個性や強みを言葉で伝えることはもちろん、どのようなゲームを作りたいのかわかりやすく説明できるようにしておきましょう。

プレゼンテーション能力、提案力などもゲームプランナーにとっては重要なスキルの一部です。

それらがあることを自己PRを通して伝えられるように心がけてみるとよいでしょう。