女性のゲームプランナー

女性がゲーム業界で働くのは大変?

ゲームは老若男女に楽しまれているものであり、女性が「大好きなゲーム制作の仕事をしたい!」というケースも珍しくはありません。

とくに最近はスマートフォン向けのゲームも普及し、若い女性がよりゲームに親しみやすい時代になっているといえます。

しかし、昔からゲーム開発現場は男性中心で、女性にとってはハードな仕事といわれることがあるようです。

その大きな理由としては、ゲーム制作はつねに納期に追われて労働時間が長くなりがちであることや、ときに泊まり込みでの作業もしなくてはならないといったことが挙げられます。

もちろん、忙しさは勤務先や担当プロジェクトによっても異なりますが、何もないところから新しいものを生み出していくのは心身ともにタフさが要求されるため、ゲーム制作に対する強い情熱が必要とされます。

プライベートを重視させたい女性にはつらい仕事といえるかもしれません。

女性の感性やセンスも生かせる

しかし、ゲーム業界は実力主義の色が濃い業界であるため、本気でこの仕事に打ち込みたいという想いがあれば、女性であっても活躍することは可能です。

たとえば独創的なアイデアが出せる人や、周りを巻き込みながら現場を引っ張るリーダーシップを持っているような人は、男女関係なくゲームプランナーとして活躍できるでしょう。

女性向けのゲーム作品もニーズがありますし、女性視点のアイデアやセンスが作品づくりに生かせる場面は多々あります。

世に認められる有名プランナーになることも夢ではありません。

女性にとっての働きやすさは?

ゲーム制作関連企業は中小規模のところも多く、会社によって待遇や福利厚生にだいぶ差があるのが実情です。

女性社員が多く在籍する大手企業では、産休や育休の制度をはじめ、女性が働きやすい環境づくりに力を入れているところも出てきています。

そうした会社であれば、プライベートも充実させながらキャリアを築いていくことも可能でしょう。

しかし、一部の企業ではかなり過酷な労働環境で、若いうちでないと身が持たないといったような声も聞かれます。

ゲームプランナーとして長く働き続けたいのであれば、働く環境選びは慎重に行っていくほうがよいでしょう。