ゲームプランナーになるための学校(大学、専門学校)

ゲームプランナーに学歴は必要?

ゲームプランナーを目指すうえで、絶対にこのルートをたどらなくてはならないというものはありません。

現在、第一線で活躍しているゲームプランナーの学歴や経歴も人によって異なり、大卒の人もいれば専門学校卒の人もいます。

また、学校でゲーム制作の基礎を学んできた人も、そうでない人もいます。

どのような学歴の人であっても、ゲームプランナーになれる可能性はあるといえます。

しかし、実際に就職活動で学歴が問われるのかということは、多くの人が気にするところでしょう。

会社によって求める人材像や応募資格は異なるため一概には言えませんが、大手ゲームメーカーでは「大卒」が条件となることもあります。

とくに、プログラマーCGデザイナーなどの「開発職」ではなく、プランナーやディレクターといった「企画職」といわれる職種を志望する場合は、幅広い知識や教養などが求められやすく、大学を出ていることが有利になる場合があります。

大学

ゲームプランナーを目指す人が大学でゲーム制作の実務につながることを学びたいのであれば、理系学部で情報工学を学んだり、芸術系の大学でCGグラフィックを学ぶ道が選択肢として挙げられます。

また、マーケティングの知識を身につけるために、商学部や経済学部で学ぶ道も考えられます。

ただし、大半の人が情報系のことを学んでいるゲームプログラマーとは異なり、ゲームプランナーは学部や学科で大きく有利になったり差がでることはあまりありません。

それよりも、大学在学中にさまざまな経験をして視野を広げたり、コミュニケーション能力を高める努力をすることのほうが重要といえそうえす。

専門学校

ゲーム関連の専門学校では、より実務に直結したスキルを身につけることができます。

なかにはゲームプランナーになることを目的とした学科・コースを置く専門学校もあります。

そのほかデザインやプログラミングを学んで、ゲーム業界へ進んでいく人もいます。

なお、学校によってカリキュラムがだいぶ異なるため、よく確認してから学校を決めるとよいでしょう。

講師や就職実績もチェックしておくことをおすすめします。

ゲームデザイナーの仕事
ゲームプログラマーの仕事