ゲームデザイナーへの転職

中途採用も活発に行われている

ゲーム業界では若い人が多く活躍しており、人の入れ替わりはやや激しいといわれています。

そのため、中途採用を行う企業は多数あり、新卒での入社を逃した人にもゲームデザイナーとして働くチャンスは十分にあるといえます。

一部の企業では新卒採用は行わず、中途採用のみを行っているところもあります。

とくに最近ではスマートフォン向けのソーシャルゲーム等の需要が大きく、そうした領域のゲームデザイナーの求人が増えているようです。

なお、同じゲームデザイナーといっても、作品の企画にまで積極的に携わる場合もあれば、CGデザインやUIデザインに特化して任される場合もあり、具体的な業務内容は企業によって異なってきます。

若い人の転職は有利に

ゲームデザイナーを求める企業では、第二新卒の募集もよく見られます。

先々のキャリア形成を考えると、経験やスキルがそこまで高くない場合には、転職時の年齢は20代など若いに越したことはないでしょう。

転職時は経験者は実績やスキルについて、未経験者もポートフォリオの提出は求められることがあります。

求められるスキルは?

経験者を求める求人の場合には、ゲーム制作の実務経験がある人が有利になってきます。

具体的なスキルとしては、PhotoshopやIllustratorといったソフトを扱うスキル、ウェブデザインやコーディングのスキルなども歓迎されることがあります。

また、チームで仕事を進めていくことが多いため。コミュニケーション能力がある人が有利になりやすいとされています。

もちろん、ユーザー目線に立って面白いゲームを作りたいという意欲も重視されます。

即戦力になれる人は多くの企業で歓迎されますが、未経験者が応募できる求人もあります。

ゲームデザイナーの求人は都市部に集中していますが、正社員以外に契約社員や派遣社員、アルバイトなど多様な形で働けるチャンスがあります。