女性のゲームデザイナー

性別問わずに活躍できる

ゲームデザイナーをはじめ、ゲーム業界で働く人の大半は自分自身ゲームが好きで、好きなことを仕事にしたいといった思いを持っています。

性別に関わらず、ゲーム好きな人にとって、毎日ゲームのことを考えていられるのはまさに天職ともいえるかもしれません。

しかし、ゲーム業界全体を見渡してみると、いまだ女性よりも男性の姿のほうがずっと目立つのは確かです。

なかでもプログラマーなど開発職は男性の割合が大きいとされていますが、ゲームデザイナーのように企画に携わる仕事になると、女性も働きやすいでしょう。

とくに最近はスマートフォンのアプリゲームが盛り上がっており、女性をターゲットにしたゲームも多数あります。

女性ならではの視点がゲーム制作に生かせるところはたくさんあるため、男女問わず「ゲームを作りたい!」という強い熱意を持った人材が求められているといえます。

好きな気持ちが原動力に

ゲーム制作は力仕事ではないため、女性にとって特別に働きにくい業界というわけではありません。

他のスタッフとのチームプレーが重要な仕事であるため、コミュニケーション能力や細やかな気遣いができる力を発揮して、バリバリと活躍している女性ゲームデザイナーもいます。

ただし、納期直前は遅くまで残って仕事をしなくてはならなかったり、職場によっては普段から長時間勤務で不規則な生活になりやすいことも事実であり、心身ともに負担は感じやすい仕事かもしれません。

忙しいなかでも「この仕事が好き」という気持ちが、頑張れる原動力になるといえるでしょう。

長く働き続けられる?

女性が結婚・出産をした場合、それまでと同じように仕事を続けていくことが難しくなる場合があります。

しかし、ゲーム業界は歴史が新しい会社も多く、短時間勤務や在宅勤務が認められたリ、休暇が取りやすい環境を整えていたリと、柔軟な働き方ができるような会社も増えています。

女性がゲームデザイナーになった場合でも、長く働き続けられる職場を見つけることは可能といえるでしょう。