ゲームデザイナーになるための学校(大学、専門学校)

特別な学校には通うべき?

ゲームデザイナーになるために、必ず取得しなくてはならない資格や、通わなくてはならない学校があるわけではありません。

独学でも、プログラミングの技術を習得してプログラマーとしてゲーム制作会社などに入社し、そこからゲームデザイナーへステップアップしていくような人もいます。

また、デザイナーが使うPhotoshopやIllustratorなどのソフトも自分で揃え、技術を身につけていくことは可能です。

ゲームデザイナーになるための道筋はさまざまであり、必ずしもゲーム制作の基礎を学校で学ばなくてはならないというわけではありません。

ただし、企業によって求める人材像は異なり、新卒採用の場合、大手ゲームメーカーのなかには「大卒以上」などの学歴を求める場合もあります。

また、とくにゲームデザイナーやゲームプランナーなどの企画職になると、スキルよりも一般常識や豊かな感性などが重視される傾向にあるとされています。

採用人数そのものがあまり多くないこともあり、独学だけでゲームデザイナーになるのは厳しい面もあると考えておいたほうがよいでしょう。

大学

大学でゲームデザイナーに生かせる知識を身につけたいのであれば、理工系学部で情報工学を学んだり、芸術系の大学でCGグラフィックを学ぶなどの方法が考えられます。

プログラミングやデザインなど、どの領域のスキルを磨いていきたいかを考えて、進学先を決めるとよいでしょう。

最近ではゲーム制作を専門的に学べる大学も出てきています。

また、文系学部でマーケティングなどを学ぶことも、将来的に企画を考えていくうえでは役立つところがあるでしょう。

専門学校

ゲーム関連の専門学校では、ゲーム制作者になることを前提としたカリキュラムが組まれています。

CG理論やデッサンなどの講義・実習が中心であり、大学以上に実践力を身につけやすく、入学当初から就職を見据えて学んでいくことになります。

学校によってはゲーム業界の企業と提携し、現場の最前線で活躍する人のセミナーを受けることができたり、在学中に企業のプロジェクトに参画する経験が積めたりするところもあるようです。